*

ブレードランナーの未来世紀

ブレードランナーの未来世紀

80年代のカルト映画8本を扱った本を読んだ。

その8本というのは、デヴィッド・クローネンバーグ『ビデオドローム』、ジョー・ダンテ『グレムリン』、ターミネーター』、未来世紀ブラジル』、オリバー・ストーン『プラトーン』、デヴィッド・リンチ『ブルーベルベット』、ポール・バーホーベン『ロボコップ』、ブレードランナー』だ。

このうちワタシが観たことがあるのは、半分強の6本『ビデオドローム』『ターミネーター』『未来世紀ブラジル』『プラトーン』『ロボコップ』『』だ。観た作品については、これまで知り得なかったウラのエピソードが書かれていたことで一層作品への関心を深めることができた。観ていない2作品についても、退屈するどころか逆に興味をそそられた。

どの章でも、監督の少年期から映画の世界に入るまでをフォローし、その人にとって重要と思われる作品についても触れ、そして本題(作品の解説)に入る。どの監督も決して最初から恵まれた環境にあったわけではなく、金銭的に苦しく、不遇の時期があった。しかし、映画に対する情熱はブレることがなく、勝ち取ったチャンスを最大限に生かした。

ジェームズ・キャメロンが求める女性像は作品を問わず一貫しているというのを、ワタシはこの本で知った。『プラトーン』がオリバー・ストーンがベトナム戦争を体験したことがもとになっているのは既に知られた話だが、劇中の兵の名前もストーンの戦友の名前を使っているそうだ。

映画には、公開即大ヒットを記録する作品と、長い年月をかけて少しずつ浸透していく作品があると思う。『プラトーン』はアカデミー賞受賞、『グレムリン』『ロボコップ』は公開時それなりに話題になったと記憶しているが、ほかはまさにカルト人気を誇る作品だろう。ワタシにとっても同様で、『ブレードランナー』『未来世紀ブラジル』はマイフェイバリットからはずせない。

関連記事

『別冊映画秘宝ブレードランナー究極読本&近未来SF映画の世界』を読んだ

『ブレードランナー』の35年ぶりとなる続編『ブレードランナー2049』公開に際して発売された

記事を読む

kotoba ブレードランナー2019-2049

年4回刊行されている『kotoba』という雑誌があって、2018年春号はブレードランナー特集

記事を読む

ブレードランナー2 レプリカントの墓標

2020年8月ロサンゼルス。レイチェルを伴い北の山奥に逃れた、元ブレードランナーのリック・デ

記事を読む

メイキング・オブ・ブレードランナー ファイナル・カット

映画『ブレードランナー』の制作時から取材を敢行し、作品の裏側を克明に綴った書籍が1997年に

記事を読む

ブレードランナー2049

ブレードランナー2049(ネタバレ注意)

1982年に公開された『ブレードランナー』の、実に35年ぶりとなる続編が『ブレードランナー2

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑