*

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)、2年ぶり単独来日

公開日: : 最終更新日:2023/10/15 Manic Street Preachers , ,

Manic Street Preachers『National Treasures: the Complete Singles (Deluxe Edition)』

既に発表になっているが、マニック・ストリート・プリーチャーズが5月に来日する。東京2回にして、その内容は去年リリースしたベスト盤『National Treasures』の全曲ライヴを2夜続けて行うという、コンセプチュアルなものだ。

は、去年このベスト盤リリース後に活動休止に入ることを公言していて、暮れにはロンドンO2アリーナでやはりベスト盤全曲演奏を行った。てっきり、これでもう活動休止に入ってしまったものと思い込んでいたのだが、この企画がなんと日本でも実現してしまった。

更に、スーパー・ファリー・アニマルズのグリフ・リースがゲスト出演することも後に発表。嬉しい!というか、豪華すぎるだろ。さながらウェールズ・アンセムズの様相だ。

全曲演奏ライヴというのは、ワタシにとってとても魅力的だ。この企画、海外では割と行われているのだが、それが日本公演となると通常になってしまうケースもあって、少し残念な思いをしていた。『American Idiot』のときのとか、もっと前では『Magic And Loss』のときのもそうだった。というわけで、ワタシが観たことのある全曲演奏ライヴは、2003年の『Greendale』だけである。

ワタシが今まで観たマニックスのライヴで、ベストと思うのは2003年1月の東京ベイNKホール公演だ。終盤、1曲毎にこれで最後かという緊張感が漂い、その状態が連続した。ラス前『A Design For Life』では、ジェームスはマイクスタンドをステージ向かって左(リッチー・エドワースの立ち位置)に置いて歌い、続くラスト『You Love Us』では、ついに、ステージを降りてフロア最前列のオーディエンスが詰めているすぐその前で歌った。

確かクロスビートだったと思うが、ジェームスを目の前にして興奮を抑え切れないオーディエンスの表情が、写真として掲載されていた。このツアーが終わったらマニックスは解散してしまうのではと思わせる、鬼気迫るライヴだった。思えば、このときもグレイテスト・ヒッツ・ツアーだった。

チケットは、今週末から一般発売です。

関連記事

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)『National Treasures』

マニック・ストリート・プリーチャーズは2011年にシングルコレクション『National T

記事を読む

マニックスのジェームズとニッキー、来日中止に

  活動停止中のマニック・ストリート・プリーチャーズだが、ギター&ヴォーカルのジェームス・ディ

記事を読む

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)、Nano-Mugen.Fes2009に出演(後にキャンセル)

さて、ワタシのナノ・ムゲン2009でのメインであるマニックスだが、来日はおととしのサマソニ以

記事を読む

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)、サマソニ出演

去年、ジェームズとニッキーがそれぞれソロアルバムをリリースし、この2人がセットで来日して公演

記事を読む

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)/スウェード(Suede)

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)@Zepp Haneda2日目

スウェード渾身のパフォーマンスから約40分のセットチェンジを経て、今度はマニックスの番だ。客

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑