*

トッド・ラングレン(Todd Rundgren)@フジロック’15

公開日: : 最終更新日:2020/06/13 Fuji Rock Festival'15

ステージにはドラムセットもアンプも見当たらず、DJ卓とマイクスタンドが3本あるくらい。これほんとにトッド・ラングレンのセットかと思っていると、登場したのは黒人DJ。この人が1曲歌い終えたところで・・・

トッド、女性ダンサー2人を従えて登場。なんじゃこりゃ。最初の1曲こそギターを弾きながら歌っていたが、以降はエレクトリック・ダンス・ジック調のメロディーに乗せて歌い、踊る。最新作が、あるいはこの後発表されるであろうアルバムが、こういう世界観なのか!?

いくら元祖マルチミュージシャンだからといって、この突き抜けっぷりはすごい。『Ream Man』ではじまりバンドモードで代表曲を立て続けに演奏し、というイメージを、こうも見事に裏切れるものなのだろうか。数年前にロバート・ジョンソンのカヴァーを主体にしたツアーをした人とは思えない、振れ幅の大きさだ。

最後の最後であの曲やこの曲をやるかもしれないと思いつつ、移動を開始。

関連記事

アーティストグッズ購入

14時に並び、1時間半で購入完了。

記事を読む

ミューズ(Muse)@フジロック’15

フジロックとサマソニに交互に出演する、日本にフレンドリーなミューズ。フジ出演は5年ぶりだ。土曜夜ヘッ

記事を読む

Flowers Of Romance image

フジロックフェスティバル’15(Fuji Rock FestivAl)、ヘッドライナー最後の枠はノエル・ギャラガー!?

再結成しフジロックへの出演が決まっているライド。ヴォーカルのマーク・ガードナーが、下記のようなツイー

記事を読む

ロイヤル・ブラッド(Royal Blood)@フジロック’15

ドラムとベースの2ピースという、デス・フロム・アバヴ・1979のような編成の新人だ。この後ルディメン

記事を読む

フジロック’15、終了!

結局、雨に降られたのは前夜祭のときだけで、実質的に3日間とも好天に恵まれた。今年も、例年と同様楽しく

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑