*

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲(2010)

公開日: : 最終更新日:2023/06/24 邦画

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲(2010)

マンがエイリアンから地球を守った後、突如姿を消してから15年。2025年の東京はゼブラシティとなり、朝5時と夕方5時からの5分間はゼブラポリスによる弱者排斥がされていた。ゼブラーマンこと市川は、シティの端で目を覚ますが、記憶とゼブラーマンの能力も失っていた。

知事の娘で人気ロックシンガーのゼブラは、「黒」と「悪」に異常なこだわりを持っていた。市川の記憶がよみがえり、ゼブラーマンとして復活したことを知ると、対決し抹殺せんとする。そして、2人の間には共通する秘密があった。

2004年に公開された『ゼブラーマン』の続編だが、世界観は大きく変わった。舞台となるゼブラシティは、近代化と荒廃化の二極化が進み、知事や警察などの権力者が独裁する社会になっていた。主人公であるはずのゼブラーマン/市川は、クライマックスになるまで存在感が薄い。

監督三池崇史、脚本宮藤官九郎は、前作と同じ。ぶっ飛んだキテレツな表現はこの人たちならではだ。市川はもちろん哀川翔で、今回は押さえた演技をしている。阿部力、ココリコ田中直樹は、ゼブラポリスによって迫害された人たちのコンをまとめる役どころ。知事でゼブラクイーンの父は、ガダルカナルタカとなっている。

この作品の実質的な主人公は、ゼブラクイーンだ。演じるのは仲里依紗だが、セリフの言いまわしこそ若干甘ったるいものの、露出の多い黒のボンデージ調衣装をまとい、ギラギラしとんがった役どころをこなしている。歌のシーンはそのままPVとして使える完成度の高さで、シンガーとしても遜色ない。若手女優なら多くの人が避けそうな役だが、彼女は引き受け、そして答えを出したのだ。

関連記事

CASHEERN(キャシャーン:2004年)

大亜細亜連邦共和国とヨーロッパ連合との長きにわたる戦争の中、各地でテロ行為が頻発するという時

記事を読む

桐島、部活やめるってよ(2012)

その年の日本映画賞を総ナメにし、しかもそれが大作でもド派手でもない学園モノときた。さて、いか

記事を読む

白い巨塔(1966年)

山崎豊子原作の小説で、何度となくテレビドラマ化もされている作品である。最初の映像化は、196

記事を読む

フラガール(2006年)

昭和40年の、福島はいわき市。人々の多くは石炭を掘る炭坑夫として働くが、閉山が相次いで職を失

記事を読む

ミステリと言う勿れ劇場版

ミステリと言う勿れ劇場版(少しネタバレ)

広島の美術館を訪れていた久能整は、女子高生の狩集汐路に遺産相続問題の相談を持ちかけられる。汐

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑