*

ST.VINCENT_Hostess Club Weekender #hostessclub

この日いや2日間で最も楽しみにしていたはずのだったが、開演直前に不安になってしまった。が思った以上に素晴らしかったのと、去年のと内容が全く同じだとすると、観てもノリ切れなくなるかもしれないと思ったからだ。

しかし、そんなのは杞憂だった。
素晴らしいライヴだった。こういう人こそもっと世に知られ、報われなくてはならない。

腕も足も、体全体も細い。しかし、この人はパワフルでエネルギッシュだ。歌声は甲高く、そしてシャープ。透き通っていて、天使の声とでも形容したくなる。そして純白のギターを弾き始めると、ギアが更にひとつ入る。金属音に近いノイジーなリフが炸裂し、フジのときに受けた衝撃がまざまざとよみがえってくる。

ロボットのように細かく歩き、日本人女性と合わせて首を右に動かすなど、アクションだけでも見ていて飽きない。パントマイムを習得しているのだろうか、ステージ上のスペースを生かした表現も素晴らしい。歌だけ、歌と踊り、歌とギター、という女性アーティストはそこそこいる。が、彼女のように表現する人は、ちょっと思い付かない。

ひな壇で仰向けに寝ながら歌ったり、よれた動きをしながらゆっくり転がったり。中盤でひな壇最上段まで上がって歌う。この高さで歌いギターを弾いた人は、この2日間で彼女だけだろう。

ワタシが観たことのあるHCWのトリは、ムーム、。つまり、いずれもバンドだ。(ワタシが行かなかったHCWではキャットパワーがトリだったこともあるが)ソロアーティストがトリをこなすことの難しさを、物語っていると思う。

彼女の凛としたさまは、PJハーヴェイのアーティスト性の系譜にあり、またのDNAを受け継いでいるようにも見える。小柄で華奢な彼女だが、存在感の大きさはハンパない。溢れ出すエネルギーの大きさも、鋭くそして強大だ。

無言でライヴを進めるのかと思いきや、何度かMCもあった。単語を断片的にしか聞き取ることができなかったが、噛み締めるように話してくれ、キレイな英語だったと思う。力強いだけでなく、チャーミングな彼女の一面も見た。

アンコールでは、ノイジーなリフを連発して暴れていたかと思うと、ステージ向かって左前方に寝転がり、スタッフに肩車されてフロアに突入。ギターを弾きながら前方のオーディエンスとタッチし、やがてギターを預けてしまい、ちょっとだが自らの身も預けてクラウドサーフしていた。最後はメンバーを手振りで紹介し、深々と礼をしてライヴを終えた。

setlist:
01:Rattlesnake
02:Digital Witness
03:Cruel
04:(text)
05:Marrow
06:Every Tear Disappears
07:Laughing With A Mouth Of Blood
08:Jesus
09:(text)
10:Year Of The Tiger
11:Actor
12:Surgeon
13:Cheerleader
14:Prince Johnny (no rolldown)
15:Bring Me Your Loves
16:Huey Newton
17:Regret
18:Birth In Reverse
19:Severed Cross Fingers
20:Your Lips Are Red

無事に2日間が終了。参加された皆さん、おつかれさまでした。

関連記事

Hostess Club Weekender、2月21日

CARIBOU_Hostess Club Weekender

フロアの熱狂ぶりは凄まじかった。個人的にももちろん楽しんだが、一歩引いて観ていた。 4人編成。

記事を読む

Flowers Of Romance image

Hostess Club Weekender(2015年2月開催)、最終ラインナップ発表

11月開催のHostess Club Weekender(HCW)は、ラインナップがなかなか決まらな

記事を読む

Hostess Club Weekender、2月21日

BELLE AND SEBASTIAN_Hostess Club Weekender #hostessclub

以前のHCWでトラヴィスやモグワイを観たときにも同じことを感じたのだが、それ以前に出演したアーティス

記事を読む

Flowers Of Romance image

11月開催Hostess Club Weekenderが中止に

本来なら11月2日3日に開催されるはずだった音楽イベント、Hostess Club Weekende

記事を読む

Hostess Club Weekender初日

EAST INDIA YOUTH_Hostess Club Weekender

男性ひとりのユニット。広いステージの中央前方に小さく組まれたセットは、iBookやキーボードやシンセ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑