*

ジャンパー(2008年)

公開日: : 最終更新日:2021/08/24 SF , ,

ジャンパー(2008年)

デトロイトに住んでいたデヴィッドは、川に溺れたのがきっかけで自分に瞬間移動=ジャンプの能力があることに気づく。しかしデヴィッドは、銀行から大金をせしめて悠々自適の生活を送るという、私利私欲のために使ってしまう。一方、ジャンパーの抹殺を使命とする組織パラディンは、デヴィッドの存在に気付いて追い詰めようとし、デヴィッドは偶然もうひとりのジャンパーであるグリフィンとも知り合う。

デヴィッドやグリフィンが行う瞬間移動は、現在の映像技術を以て視覚的にかなりすっきりと、かつ鮮やかに行われている。ジャンプする先もかなりの遠距離まで可能で、ニューヨークからエジプトやローマへと、瞬時に飛び回っている。東京でのロケも行われたと聞いていたが、渋谷や銀座の街中を歩くシーンや、新宿やレインボーブリッジをクルマで疾走するのを確認できる。

しかし、ストーリー的にはクオリティは低いと言わざるをえない。ジャンパー目線で描きすぎていて、一般人の代表とも言えるデヴィッドの恋人ミリーは振り回されっぱなしであり、舞台の設定を緩いものにしてしまっている。上映時間も短めだったので、それならあと30分継ぎ足して、もっと細部を固めればよかったように思う。

救いなのは、この作品の中だけでは解明されていない謎がたくさんあって、もし続編が作られれば、その辺りを膨らませられる余地があることだ。ジャンパー能力のメカニズムはミステリアスなままだし、ジャンパーを抹殺しようとするパラディンという組織も謎だらけだ。劇中では、パラディンとジャンパーとの戦いが中世からあったとされているし、デヴィッドが5歳のときに家を出た母親も、パラディンの一員なのだ。

キャストは、主人公デヴィッドを初期3部作でアナキン・スカイウォーカーを演じていた、ヘイデン・クリステンセン。グリフィンはジェイミー・ベルという人で、『崖っぷちの男』では演じる主人公の弟役だった。パラディンのリーダーが、。そして、ラストにちょこっとダイアン・レインがデヴィッドの母役として出演している。

関連記事

ルーパー(2012年)

2044年が舞台。30年後の2074年において、犯罪組織が証拠を残さず敵を処理する際、敵をタ

記事を読む

ウォー・ゲーム(1983年)

高校生のデヴィッドは、自分の学校のコンピュータにハッキングして成績を書き換えるなど、パソコン

記事を読む

哀れなるものたち

哀れなるものたち(ちょこっとネタバレ)

ある女性が、橋から身投げして自殺を図る。科学者のゴッドウィン・バクスターは彼女を蘇生させ、ベ

記事を読む

ガンヘッド(1989年)

無人島のロボット建設工場を司るマザーコンピュータ「カイロン5」が、2025年に人類に宣戦布告

記事を読む

タイム(2011年)

近未来。遺伝子操作により長寿が可能になった人類は、25歳以降は労働により稼いだ時間を通貨とし

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑