*

プリンス(Prince & The New Power Generation)『Diamonds And Pearls(Super Deluxe Edition)』

公開日: : CD ,

プリンス(Prince & The New Power Generation)『Diamonds And Pearls(Super Deluxe Edition)』

のアーカイヴシリーズとして、2023年秋に『Diamonds And Pearls』がリリース。オリジナルは、1991年10月にリリースされている。ワタシが入手したのは、CD7枚およびブルーレイのスーパーデラックスエディションで、総収録時間10時間以上という、とてつもないヴォリュームだ。

ディスク1はオリジナル盤のリマスター、ディスク2はシングルおよびカップリング曲の別ミックスや別バージョンなどを収録している。

ディスク3~5の3枚は、秘蔵音源集だ。一部はアルバム収録曲の初期バージョンや別ミックスだが、大半は完全未発表音源になる。『Crystal Ball』にもひけを取らないクオリティだが、物量的に当時はリリースできなかったのだろう。今回世に出ることができて、よかったと思う。

『Strollin'』『Willing And Able』『Money Don't Matter 2 Night』が、90年の来日公演時に東京のワーナースタジオでレコーディングされたのは、リリース時に情報としてオープンにされていた。そして、『Daddy Pop』『Walk Don't Walk』はで、『Insatiable』はロサンゼルスで、レコーディングされている。

自身のスタジオ「ペイズリー・パーク」設立後、プリントはそこでレコーディングすることがほとんどだったそうだ。しかし、本作の時期だけは上記の各地でレコーディングされていて、これは珍しいとのこと。ディスク3の『Lauriann』『Darkside』は東京で、同じくディスク3のうち4曲はロンドン、ディスク3とディスク5の中の1曲はロスで、それぞれレコーディングされている。

ディスク6と7は、1992年1月11日にミネアポリスで自身が経営するクラブ「グラムスラム」で行われたライヴだ。ブックレットによると、プリンスが当日に急遽ライヴ実施を決め、スタッフに録音と撮影を指示したとのこと。ライヴは、『Diamonds And Pearls』からの曲を軸にしつつ、後に『(LoveSymbols)』に収録される『The Sacrifice of Victor』『Sexy M.F.』も演奏されている。

ブルーレイには、上記のライヴ映像がフル収録されている。画面は全体的に暗めで、ほとんどがステージを捉えたショットになっている。音源では気づくのが難しく、映像で観てこそというシーンも多い。オープニングのダンサーはマイテ、『Daddy Pop』でのプリンスの激しいダンス、終盤でステージを離れてバーカウンターで歌うプリンス、深夜営業が州の条例に抵触するとかで、警察官が侵入してくる、などだ。

そのほか、ブルーレイには当時VHSで流通していた『Diamonds And Pearls Video Collection』を収録。そして、1991年7月にミネアポリスのメトロドームで開催されたスペシャルオリンピックのセレモニーパフォーマンスが、リハーサルを含めて収められているのが貴重だ。リハでもプリンスはきちっとした衣装で登場し、段取りを確認。演奏したのは『Diamonds And Pearls』と、イントロのみ『Let's Go Crazy』からの『Baby I'm A Star』『Push』のメドレーだった。

ブックレットには、当時のプリンスの写真や手書きの歌詞などが掲載。ヌードツアーでは長髪にしていて、その後は髪型を変えているが、双方とも確認できる。ライナーノーツは、パブリック・エネミーのチャックDを導入とし、新バンド「ニュー・パワー・ジェネレーション」メンバーたちのコメントを読むことができる。バンドのキープレイヤーであろうロージー・ゲインズは、自分はバックコーラスに収まるつもりはないと言い、プリンスは彼女を認め、受け入れた。

プリンスの評価は80年代に集中しているが、個人的には90年代も、もちろんそれ以降も、クオリティは全く劣っていないと思っている。今回のようなボックスは大歓迎だし、今後も90年代以降の未発表の音源や映像が世に出ることを期待している。

関連記事

ゴールドディスク

CDの盤面は、シルバーがほとんどだと思う。しかし、ワタシはゴールドのCDを2枚持っている。1

記事を読む

プリンス(Prince)『1999(Super Deluxe Edition)』

プリンスがワールドワイドでブレイクしたのは、1984年作『Purple Rain』 と同名映

記事を読む

プリンス(Prince)『LotusFlow3r』

プリンスが、今春3枚組のアルバムをリリースしている。これが、いろいろな意味で話題になっている

記事を読む

プリンス(Prince)『Welcome 2 America』

プリンスが生前2010年にレコーディングしていながら、自らお蔵入りさせたアルバム、『Welc

記事を読む

プリンス(Prince)『N・E・W・S』

プリンスのニューアルバムで、タイトルはニュース(News)の意ではなく、『North』『Ea

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑