*

落下の解剖学(少しネタバレ)

公開日: : 最終更新日:2024/04/21 サスペンス

落下の解剖学(ネタバレ注意)

雪深いフランスの山荘で、作家の男が転落死する。妻で同じく作家のサンドラが、殺人容疑で逮捕される。法廷で検察官は厳しく追及し、サンドラは友人の弁護士をたてて無罪を勝ち取らんとする。

息子のダニエルが夫の注意不足で弱視になってしまったこと、夫が精神安定剤を服用していたこと、サンドラがバイセクシャルであること、不倫していたことなどが明かされる。夫は創作活動のためのアイディア用に家庭内で録音していて、死の前日の生々しい大ゲンカの音声も録音されていた。

2023年に公開されたフランス映画で、カンヌ映画祭でパルムドール賞を受賞。アカデミー賞にも、作品賞をはじめ複数の部門にノミネートされている。

最大の見どころは、生々しい夫婦ゲンカのシーンだろう。劇中の法廷では音声が流れていることになっているが、ワタシたち観客は映像として見せられている。互いに罵り合い、妥結点は到底見い出せそうにない。

作家としてはサンドラの方が成功しているが、夫はダニエルの面倒見をはじめ家事は自分がやっているからサンドラは作家業に打ち込めていると主張。一方のサンドラは、フランスに移住しようと言い出したのは夫で、自分は妨げずについてきたのに、うまくいかなくなったらこっちのせいにするのかと主張。ドロ沼状態だ(ココに書いたのはほんの一部で、劇中は更に凄まじい)。

さて、個人的な所感としては、想定内の展開に収まってしまった。判決が出た後にもうひと山あるにちがいないと思って観ていたのだが、そのまますんなりと終了。うーん。強いて言えば、ラストでダニエルがサンドラに言ったことばが「匂わせ」なのかも。

邦題の「解剖学」とは、医学的な意味ではなく、法廷内外でのやり取りをさしている。原題は「Anatomie d’une chute」で、直訳すると「転倒の解剖学」。極端に意訳したわけではなかったようだ。また、ダニエルを保護する女性マージが、観終わった後に調べたところ、なんとサヴェージズのジェニー・ベスだった。

関連記事

第三の男(1949年)

アメリカ人作家のマーティンズは、友人ハリーに呼ばれて終戦後のウィーンにやってきたが、ハリーは

記事を読む

ザ・インターネット(1995年)

フリープログラマーのアンジェラは、得意先のソフトウェア会社からプログラムのバグを検出する仕事

記事を読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年)

ニューヨーク市警にて、ある銃器強奪事件にかかり、5人の常に容疑者として挙がる人物たち(ユージ

記事を読む

ナイトクローラー(ネタバレあり)

ナイトクローラー(ネタバレあり)

鉄を盗んで売っているルー。あるとき自動車事故に出くわすが、現場を撮影するカメラマンを見て触発

記事を読む

記憶探偵と鍵のかかった少女

記憶探偵と鍵のかかった少女(ネタバレあり)

相手の記憶に入り込める特殊な能力を持つ「記憶探偵」。そのひとりジョンは、妻の自殺により引退状

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑