*

グラストンベリー・フェス、フー・ファイターズの代役を発表

Florence and the Machine『How Big, How Blue, How Beautiful 』

デイヴ・グロールが足を骨折したため、は今月のヨーロッパツアーを全てキャンセル。グラストンベリー・フェスティヴァルには、初日のヘッドライナーとして出演する予定だった。

しかし、グラストンベリー主催者は、早くも代役を発表した。

だ。

過去にも何度かアクシデントのためヘッドライナーの代役を急遽立てたことがあったが、今回も仕事が早い。主催者としての姿勢は立派だ。

フー・ファイターズの前はモーターヘッドになっていて、リスペクトし合う両者が続くことで、ひとつの流れができていた(これは来月開催されるもそう)。モーターヘッドの次にフローレンスとなってしまうのはちょっと微妙だが、こればかりは仕方がない。

フローレンス・アンド・ザ・マシーンは、個人的には最もライヴを観たいアーティストだ。それこそ今年のフジロックに出てほしかったのだが、ツアー日程がバッティングしていてアウトに。残念。今年リリースされた新譜は全英全米とも1位を獲得していて、話題性としては申し分ない。

ライヴの実力も相応に備えていると聞いている。しかし、巨大フェスのヘッドライナーとなると、彼女たちがふさわしいかは微妙な気がしないでもない。ただ、今回の出演を機に、それこそワールドワイドな存在にのしあがる可能性もある。

グラストンベリーの主催者の手際のよさに感心させられる一方、日本のフェスでは絶対こうはいかないと嘆きたくなる。しかしそれは、主催者の問題だけでなく、音楽リスナー、フェス参加者のマーケットの規模にも問題があるからかもしれない。

関連記事

フー・ファイターズ(Foo Fighters)、1年半ぶりの来日

フー・ファイターズの約1年半ぶりとなる来日公演が、13日の幕張を皮切りにスタートする。ワタシ

記事を読む

フー・ファイターズ(Foo Fighters)『Everywhere But Home』

フー・ファイターズのDVD『Everywhere But Home』を観た。2002年にリリ

記事を読む

フー・ファイターズ(Foo Fighters)『Storytellers』

MTVで放送されていた、『Storytellers』のフー・ファイターズ出演の回を観た。オリ

記事を読む

フー・ファイターズ(Foo Fighters)『Live at Wembley Stadium』

フー・ファイターズが2008年6月にロンドンのウェンブリースタジアムで行ったライヴを観た。8

記事を読む

フー・ファイターズ(Foo Fighters)『Skin And Bones』

フー・ファイターズのライヴDVD『Skin And Bones』を観た。2006年ロサンゼル

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑