*

フー・ファイターズ(Foo Fighters)、1年半ぶりの来日

公開日: : 最終更新日:2023/06/08 Foo Fighters , ,

Foo Fighters『Echoes, Silence, Patience & Grace』

の約1年半ぶりとなる来日公演が、13日の幕張を皮切りにスタートする。ワタシも幕張に行く予定である。

前作『In Your Honour』は1枚がエレクトリック、もう1枚がアコースティックというダブルアルバムだった。タイトル曲や『Best Of You』といったアンセムを生み、一方のアコースティックでは表現の振れ幅の広さを立証してみせた。ツアーでは、通常の公演のほかアコースティックの公演も行い、そこではフーファイの4人のほか、のラミ・ジャフェや時代からの盟友パット・スメアなど4人が加わり、8人編成で重厚なライヴをしてみせた。2006年の来日でも通常の公演とアコースティック公演が行われ、ワタシは両方を観に行っていた。

前作でひとつの極みに達した感があるフーファイだが、最新作『Echoes, Silence,Patience & Grace』ではその行き着いた地点の地盤を更に固めるかのような作品で、円熟味を感じさせる。ブリットアウォードやグラミーなどを受賞し、グラミーではオーケストラをバックにしてパフォーマンスを行い、正統派王道ロックバンドとしての風格が漂うようになってきた。元ニルヴァーナというバックグラウンドがあったにせよ、ライヴハウスクラスからスタートしたバンドが着実に成長を遂げ、アリーナクラス、フェスティバルならヘッドライナ-クラスへとのぼり詰めていく、その過程を見続けることができたのは、非常に幸運だったと言える。

今回のツアーの海外公演のセットリストをネットで観たのだが、中盤にアコースティックセットを挟む構成になるようだ。公演当日を楽しみにしている。

関連記事

グラストンベリー・フェスティバル2015(Glastonbury Festival 2015)、ラインナップ発表

イギリスを代表する野外フェスティバル、グラストンベリー。これまで、ヘッドライナーだけは小出し

記事を読む

フー・ファイターズ(Foo Fighters)『Skin And Bones』先行上映会

フー・ファイターズの来日公演にリンクするかのように、アコースティックライヴを収録したライヴD

記事を読む

フー・ファイターズ(Foo Fighters)『Everywhere But Home』

フー・ファイターズのDVD『Everywhere But Home』を観た。2002年にリリ

記事を読む

フー・ファイターズ(Foo Fighters)『Echoes, Silence, Patience & Grace』

昨年秋にリリースされた、フー・ファイターズの新譜を聴いた。 前作『In Your Ho

記事を読む

フー・ファイターズ(Foo Fighters)、約9年ぶりの来日

フー・ファイターズのアコースティックライヴを観に行って来た(レポートは別途)。フーファイはこ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑