*

DC展に行ってきた

DC展

六本木ヒルズ52階の東京シティビューで開催されている、「DC展」に行ってきた。と勢力を二分するアメコミ「DCコミックス」の展示になる。携帯かタブレットであれば、写真撮影OKだった。

バットモービル

最初が、東京の街並みをバックにする形式でショートフィルムを流し、その手前には実物大のバットモービル(『ダークナイト・トリロジー』のタイプ)が鎮座していた。フィルムはDCコミックスの歴史と、テレビドラマや映画の映像をミックスさせた、4~5分くらいの内容だった。このブースのみ、動画撮影も可能とされていた。

この展示は、自前のスマートフォンでQRコードを読み込んで、音声ガイドを使えるようになっていた(無料)。展示を見ながら指定の番号を押してガイドを聞く。音は、煉󠄁獄杏寿郎こと声優の日野聡だった。

DCコミックスの歴史から始まり、各ヒーローをフィーチャーしたブースへと遷移する。原作コミックスを軸にしつつ、映像化された作品については、衣装や模型、制作スタッフのインタビュー映像などを併載し、視覚的に充実させていた。最初がスーパーマンのブースで、クリストファー・リーヴ期と期の衣装が並び、またクリプトナイトのオブジェがあった。

バットマン

バットマンのブースがかなり充実していて、個人的にはこれだけで大満足だった。バットマンに関しては、ロビンやバットガールを従えた期、期、DCエクステンデッド・ユニバースの重装甲スタイルの展示があった。『ダークナイト・トリロジー』期でのセットの模型、バットマンやのキャットウーマンが搭乗したバイク「バットポッド」の実物大の展示もあった。

バットポッド

ジョーカーやペンギン

Mr.フリーズやリドラー

敵キャラの展示も豊富。ジョーカーやベイン、ペンギン、Mr.フリーズ、リドラー、のキャットウーマンなどの衣装が展示。ぶっちゃけ、バットマン単独でも展示ができそうだと思った。

2大ヒーローに続くのは、ワンダー・ウーマン。そして、映画公開が近いこともあってか、ピンクをイメージカラーにした『スーサイド・スクワッド』のブースもあった。最後が、日本では馴染みの薄いヒーローたちを、原作を中心に展示。アクアマンは単独映像化されたが、フラッシュやサイボーグの単独映像化も望まれる。以前読んだDC映画特集の本では散々な評価だったグリーン・ランタンだが、個人的には劇場で観て気に入っていたので、DCエクステンデッド・ユニバースに登場させてほしいと思っている。

DC展は、9月5日(日)まで開催。チケットを完全日時指定にしていたこともあってか、場内の混雑はなく、快適に閲覧することができた。

関連記事

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生(ネタバレあり)

クリプトン星から地球にやってきたスーパーマンは、驚異的な能力で人々を救い続けるが、‎その能力

記事を読む

ジャスティス・リーグ(ネタバレあり)

ジャスティス・リーグ(ネタバレあり)

バットマン/ブルース・ウェインは、スーパーマン亡き後も街を守り続けるが、新たな侵略者の到来が

記事を読む

スーサイド・スクワッド(2016年)

ミッドウェイ・シティ。アメリカ政府の高官ウォーラーは、刑務所に服役中の犯罪者たちを集め、"使

記事を読む

マン・オブ・スティール(2013年)

滅亡の危機に瀕した惑星クリプトンにおいて、科学者ジョー・エルはコデックスという謎の物体と生ま

記事を読む

アクアマン

アクアマン(ネタバレあり)

海底王国アトランティスの女王アトランナと人間の父との間に生まれた、アーサー・カリー。政略結婚

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑