*

インヘイラー(Inhaler)@サマソニ’23

公開日: : Summer Sonic 2023

インヘイラー(Inhaler)@サマソニ'23

去年のにもエントリーされていたが、キャンセルになっていたインヘイラー。個人的にも、観るのを楽しみにしていたバンドだ。

メンバー配置は、後方中央にドラムのライアン、その向かって左がサポートのキーボード、前方向かって右にベースのロバート、左にギターのジョシュ、そして中央にギター&ヴォーカルのイライジャ。ロバートとイライジャは、なんと革ジャン姿だ。

ボノの息子という、どうしようもない宿命を背負っているイライジャ。風貌こそ若い頃のボノに似てはいるが、声質や歌い方はそこまででもない。ヴォーカルに徹するわけでもなく、全曲で自らギターを弾きながら歌っていた。ジョシュとのコンビネーションも上々で、2本のギターを絡ませつつ、ゴリゴリになりすぎない聴きやすさに仕上がっている。

長身のロバートは、ベースをかなり低い位置に構えて打ち下ろすように弾いていた。ライアンのプレイぶりはドラムセット越しでよく見えなかったが、リズムキープはされていたと思う。ステージ両サイドのスクリーンは常にモノクロで、イライジャを中心にしつつ各メンバーを捉えていた。

イライジャはMCも担い、また日本に来れたことを嬉しく思っていたようだった。オーディエンスのひとりがハッピーバースデイと言っていたが、後で調べてみると3日前の17日にイライジャは24歳になったばかりだった。

演奏力の高さと、気負いも空回りもしない落ち着きぶり。若さと勢いというよりは、既に相応のキャリアを積んだかのような堂々たる佇まいだった。今回のライヴも期待以上だったが、今後益々の発展と進化が期待できるバンドだ。

関連記事

ウェット・レッグ(Wet Leg)@サマソニ’23

ウェット・レッグ(Wet Leg)@サマソニ’23

昨年、同名のアルバムが賞レースを席巻したウェット・レッグ。リアンとへスターのデュオで、バンド

記事を読む

メイジー・ピーターズ(Maisie Peters)@サマソニ’23

メイジー・ピーターズ(Maisie Peters)@サマソニ’23

金髪で細身で華奢、そしてチャーミング。ポップなメロディーに乗せて歌うさまは、アイドルチックだ

記事を読む

YOASOBI@サマソニ’23

YOASOBI@サマソニ’23

ブラー終了後に移動してマウンテンステージに駆けつけ、観れたのはラスト25分程度。マウンテンス

記事を読む

リアム・ギャラガー(Liam Gallagher)@サマソニ’23

リアム・ギャラガー(Liam Gallagher)@サマソニ’23

これがヘッドライナーじゃないのか、というくらいの、尋常ならぬ空気感に包まれたライヴだった。わ

記事を読む

コーネリアス(Cornelius)@サマソニ’23

コーネリアス(Cornelius)@サマソニ’23

観るのは、去年のフジロック、ホワイトステージ以来。ただ今年は、先月に新譜『夢中夢 -DREA

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑