*

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)『Serious Moonlight Tour』

公開日: : 最終更新日:2023/06/11 DVD・映像 ,

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)『Serious Moonlight Tour』

が1983年に行った「シリアス・ムーンライト・ツアー」のライヴ映像を観た。83年9月の、カナダのバンクーバー公演を収録している(翌10月に、来日公演が実現している)。

会場はアリーナクラスと思われるが、映像はステージおよびフロア前方のショットがほとんどで、全体像は掴みにくい。ステージには柱がなく、開放的な作りになっている。

バンドはかなりの大所帯で、ベース、キーボード、ホーンセクション3人、コーラス2人。ドラマーはシックのトニー・トンプソン、ギターはカーロス・アロマーとアール・スリックという、贅沢な布陣だ。

ボウイにとっての最大ヒットアルバム『Let.s Dance』をひっさげてのツアーだが、セットリストはこの作品のみに固執することなく、キャリア横断的になっている。シングルヒットした『Let.s Dance』は、前半早々に演奏された。『Space Oddity』への、場内リアクションがすこぶるよかったのは新鮮。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの『White Light/White Heat』は、ほかのツアーで演奏しているのを観たことはあったが、このツアーでも披露していたのは意外だった。

ボウイはスーツ姿で、中盤でジャケットを脱ぐとサスペンダーにシャツといういでたちに。パフォーマンスはショウ的な要素が強く、コーラスはダンスもこなし、また曲によってはトランプに興じていた。バンド色が薄かったのはこの時期ならではかもしれないが、それでも、カーロス・アロマーとアール・スリックがボウイを挟んでプレイしたショットは、かっこよかった。

映像は『Fame』で終了するが、これは本編ラストらしく、実際のライヴではこの後アンコールで4~5曲ほど演奏された模様。オーラスは『Modern Love』だった。

関連記事

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)『Glass Spider』

デヴィッド・ボウイ不遇の時期、87年グラス・スパイダー・ツアーのDVDを観た。 前半は

記事を読む

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)『A Reality Tour(DVD)』

デヴィッド・ボウイの最新、そして最後のツアーの公演を収録したライヴDVDを観た。『Reali

記事を読む

デヴィッド・ボウイ‎『5つの時代』

‎1月10日に亡くなったデヴィッド・ボウイ‎追悼として、先週末にBSで関連番組が放送された。

記事を読む

ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡

「ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡」を観た

1970年。デヴィッド・ボウイはギタリストを探していて、人づてにミック・ロンソンを知る。当時

記事を読む

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)「地球に落ちて来た男」

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)「地球に落ちて来た男」(ネタバレあり)

デヴィッド・ボウイが主演し1976年に公開された映画「地球に落ちて来た男」が、全国のミニシア

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑