*

ディスクロージャー(Disclosure)@フジロック’14

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14

若きテクノユニットは、しかしデジタル一辺倒ではなく、肉体性に溢れるステージだった。2つの卓をハの字型に配置し、向かって右のプレーヤーがヴォーカルとプログラミングとベース、左のプレーヤーはシンセドラムが中心だった。

バックドロップは3つのひし形を中心とするLEDスクリーンになっていて、時に燃えさかる炎、時にアブストラクトな映像、時に赤く閃光、といった具合だった。途中間が空いてしまうこともありはしたが、パフォーマンスとしては上々。新しきテクノアーティストとして、ケミカルブラザーズを駆逐できるよう成長してほしい。

関連記事

Flowers Of Romance image

デーモン・アルバーン(Damon Albahn)@フジロック’14

ブラーは今年1月に来ているが、デーモンがフジロックのステージに立つのは、99年以来実に15年ぶりだ。

記事を読む

ジェームス・イハ(James Iha)@フジロック’14 #fujirock

James Iha@Orange Courtギター、キーボード(堀江博久)、イハという、シンプルな編

記事を読む

Flowers Of Romance image

The Pains Of Being Pure At Heart@フジロック’14

観るのは3年前のフジロック以来で、ステージも同じレッドマーキーだ。まずはギター&ヴォーカルの人がひと

記事を読む

アーティストグッズ購入

アーティストグッズ売り場ルート17をBGMにしながら約1時間で購入。例年より少しすいている。 ハラ

記事を読む

フジロックフェスティバル’14(Fuji Rock Festival)、追加アーティスト&日割り発表

先週アーケイド・ファイアのヘッドライナーという突然の発表があったが、今回は通常のサイクルにて

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑