*

ロニー -MODSとROCKが恋した男-(2006年)

ロニー ~MODSとROCKが恋した男〜

スモール・フェイセスおよびフェイセズのベーシスト、ロニー・レインのドキュメンタリー映像を観た。ロニーは、1997年6月4日に51歳の若さで亡くなっている。

のイーストエンドで生まれ育ち、生活圏の知人の中でスモール・フェイセスを結成し1965年にデビュー。バンドの顔的な存在のスティーヴ・マリオットは、最後に加入していた。レーベルやマネージメントとのトラブルもありつつ、4枚のアルバムをリリース。しかし、1968年にスティーヴが脱退してしまう。

バンドはロン・ウッドを招き入れ、ロンが連れてきたのがロッド・スチュワートだった。もうスモールじゃないと、バンド名をフェイセズに変更。商業的にも成功するが、ロッドばかりがもてはやされるようになり、ロニーは脱退してしまう(後任には山内テツが加入)。

売れない頃はアパートで共同生活していたが、売れてくると他のメンバーは生活が派手になってくる。しかしロニーは、トレーラーハウスにスタジオを作ったり、脱退後に組んだバンド「スリム・チャンス」のときにはサーカス団のテントを間借りするなど、お金の使い方が少し変わっていた。

そして、ロニーを語る上で避けられないのは、多発性脊髄硬化症という難病だ。70年代半ばに発症したが、当初症状は軽度だったため、通常に音楽活動を行っていた。実は、ロニーの母親も同じ病気にかかっていたことが、序盤で触れられていた。

80年代になると症状が深刻化し、病の研究機関を支援する「ARMSコンサート」を開催。本編の映像はなかったが、リハーサルの様子がちょっとだけ流れていた。確認できたのは、、ロン・ウッド、チャーリー・ワッツ。本編には、も出演している。

コメントを寄せているのは、クラプトン、、ケニー・ジョーンズ、イアン・マクレガン、ロニーの実兄、ロニーの最初の妻、スリム・チャンスのメンバーなど。生前の、本人のコメントもあった。ロニーは一度だけ来日公演を行っていて、6回公演をこなしたことにも触れられていた。

ARMSコンサートは、個人的に洋楽を聴くようになって早い時期に知っていた。それは、クラプトン、ジェフ・、ペイジの3人が揃ったこと、特にジミー・ペイジは解散後のほぼ最初のステージだったからだ。ただ、本来の主旨は多発性脊髄硬化症の支援であり、ロニー・レインが魂を賭けて行動していたのだ。

関連記事

イアン・マクレガンさん(Ian McLagan)死去

スモール・フェイセス/フェイセズのキーボード奏者だった、イアン・マクレガンさんが3日に亡くな

記事を読む

再結成フェイセズ、フジロック’11に出演

フジロック'11の2日目グリーンステージのトリにエントリーされている、再結成フェイセズ。ロッ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑