*

SPACE ADVENTURE コブラ(1982年)

公開日: : 最終更新日:2023/09/14 コブラ

SPACE ADVENTURE コブラ(1982年)

惑星ダグザード。賞金稼ぎのジェーンは、かつて名を馳せたと名乗る男を最初は信じなかったが、ふたりが海賊ギルドに襲われたとき、左腕がサイコガンとなって敵を倒すのを目の当たりにする。ジェーンは、自分が惑星ミロスの女王の末裔であることを明かし、コブラに協力を依頼する。

ミロス星は死滅の危機にあり、蘇生させるためにはジェーンの三つ子の姉妹、ドミニクとキャサリンを探し出さなければならない。そしてギルドは、ミロス星が内蔵する自動推進装置を使い、第7銀河を滅ぼそうとしていた。コブラはジェーンと共にふたりを探すが、ギルドの幹部クリスタルボーイも迫っていた。

寺沢武一原作『コブラ』の劇場版で、最初のアニメ作品になる。原作の『イレズミの女』編、『黄金の扉』編を元ネタにしたオリジナルストーリーになり、脚本は寺沢自ら務めている。原作を知っていて観ると、大胆な変更ぶりに驚かされる。

3姉妹のファミリーネームがロイヤルからフラワーになり、次女がドミニク、三女がキャサリン(キャシー)に入れ替わっている。原作ではキャサリンは短い登場に留まり、しかも洗脳されたとはいえ長女ジェーンに殺されてしまう悲運の女性だった。この劇場版では、クリスタルボーイと恋仲というまさかの設定だが、出番が多くしかもクライマックスで鍵を握る存在になっている。

原作ではギルドの傘下のスノウゴリラを率いてコブラと敵対していたサンドラが、ここでは私設軍団でコブラと共闘しギルドに立ち向かうという、よもやの展開を見せている。ミロス星のトポロ教授は、映画オリジナルキャラかと思いきや、『黄金の扉』編にも出ていたキャラだった。

声優陣は、コブラに松崎しげるで、主題歌も担当。この人がアニメ声優を務めるのは、極めて珍しい。レディは榊原良子で、以降のアニメ版でも変わらずに演じ続けている。女性キャラの声優がなんとも豪華で、ジェーンに中村晃子、ドミニクに風吹ジュン、キャサリンに藤田淑子、サンドラは田島令子だ。

劇場公開が1982年7月で、同年10月からはテレビ版『スペースコブラ』の放送が始まっている。

関連記事

COBRA THE ANIMATION(テレビシリーズ)

寺沢武一原作『コブラ』が、2008年から2009年の『ザ・サイコガン』OVAリリースを経て、

記事を読む

寺沢武一『コブラ』

寺沢武一の『コブラ』は、1978年に少年ジャンプで連載が始まった。劇画タッチであり、SF考証

記事を読む

寺沢武一さん死去

漫画家の寺沢武一さんが9月8日に亡くなられ、昨日11日にX(旧Twitter)公式アカウント

記事を読む

寺沢武一『コブラ』のテレビアニメ第1作『スペースコブラ』

劇場版『SPACE ADVENTURE コブラ』が公開から3か月後の1982年10月、テレビ

記事を読む

COBRA THE ANIMATION『ザ・サイコガン』

自分の「仕事」で美術館に入ったコブラは、海賊ギルドが化石虫を狙うところに居合わせ、行きがかり

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑