*

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)@Zepp Haneda2日目

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)/スウェード(Suede)

渾身のパフォーマンスから約40分のセットチェンジを経て、今度はの番だ。客電が落ちてSEが流れた後に、前日と同じくニッキーを先頭にしてメンバー登場。ニッキーは、ゴールドのラメが入ったジャケット姿だ。

『Motorcycle Emptiness』でスタート。ジェームスは、ギターを弾きながらくるくる回ったり、向かって左の方にまで足を伸ばすなど、マイクスタンド前に収まってはいなかった。続く『Everything Must Go』では、ショーンのドラムセットに不具合が発生したらしく、スタッフがセッティングする間にジェームスが少しMCでつないでからスタート。こういうこともある。

この日も、『Still Snowing In Sapporo』を披露。前日のライヴを受けて、周辺を少し調べていた。93年10月の2度目の来日公演はほぼ全国ツアーとなり、その最終地が札幌ペニーレインだった。このときに見た光景、そしてそのときの心情を思い出して、ニッキーは歌詞を書いた。4人はなぜあそこまで強くなれたのだろう、そして打ちのめされるのに、という歌詞には泣けてくる。

この後にニッキーが「93年にサッポロに行ったときの~」というMCがあり、続いてリッチーの名前も出た。それを受けて『Little Baby Nothing』となり、この曲はニッキーとリッチーで詞を書いた曲だ。この90年代前半の頃、バンドは常にギリギリの状態だったのではないだろうか。それが、2023年もこうしてバンドが日本に来てくれていると思うと、感慨深いものがある。

『A Design for Life』は、もともと美しさに秀でた曲だが、ある時期オーラスだったこともあり、一瞬だがこれでライヴが終わっても、という気にさせられる。ショーンのドラムによるアウトロでは、ジェームスとサポートのふたりが両手をおおきく振って手拍子を誘導。ニッキーは、左手にベースをもっていることもあってか、右手を頭上に軽く叩いていた。

この後、ほかのメンバーが捌けてジェームスのソロとなるが、ここで『(I Miss the) Tokyo Skyline』をワンコーラスやってくれた。実はこれは読んでいて、もしかして『Still Snowing In Sapporo』と日替わりになるのではと想定していた。どちらも日本にアイディアを得た曲で、同時に聴けて感激だ。その後のアコースティックは『This Is Yesterday』で、こちらも嬉しかった。

黒ジャケットに着替えたニッキーがジェームスを紹介し、『Slash ‘n' Burn』へ。ジェームスは歌のパートを一部飛ばして、向かって左側でギターを弾きまくり。そして、比較的近年の曲でもある『International Blue』は、ライヴのマストソングに加わった感がある。

オーディエンスの呼びかけにジェームスが応じたことから、少しの間ふたりでの会話になった。彼女の名前を聞いたジェームスは、メンバーたちを雑に紹介(笑)。その後正式にニッキーとショーンを紹介して、『You Love Us』からの『If You Tolerate This Your Children Will Be Next』へ。最後の最期、ジェームスは両手を挙げて手拍子をし、オーディエンスも応え、場内が一体感に包まれた。

セットリスト
Motorcycle Emptiness
Everything Must Go
1985
You Stole the Sun From My Heart
Still Snowing In Sapporo
Walk Me to the Bridge
From Despair to Where
A Design for Life
(I Miss the) Tokyo Skyline(One Chorus)
This Is Yesterday(Acoustic)
Slash ‘n' Burn
Your Love Alone Is Not Enough
Enola/Alone
International Blue
Stay Beautiful
You Love Us
If You Tolerate This Your Children Will Be Next

今回ほど、マニックスが親日家であることを実感させてくれたことはない。日本をテーマにした2曲を聴けたが、これらは日本だからこそライヴで演奏できた、演奏してくれたと言っていいはずだ。そして、冒頭の『Motorcycle Emptiness』は、ジックビデオを東京で撮影しているし。もちろん、日本関連だけでなく、ライヴトータルとして素晴らしかったし、それに応え続けたオーディエンスも素晴らしかった。

関連記事

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)@横浜Bay Hall

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)@横浜ベイホール

99年の赤坂Blitzで初めてマニックスのライヴを観て以来、今日が7回目。そして今夜、最も近

記事を読む

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)『The Holy Bible (10th Anniversary Edition)』

マニックスは昨年、サードアルバム『The Holy Bible』を全曲演奏するライヴを、開催

記事を読む

マニックスのジェームズとニッキー、来日中止に

  活動停止中のマニック・ストリート・プリーチャーズだが、ギター&ヴォーカルのジェームス・ディ

記事を読む

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)、Nano-Mugen.Fes2009に出演(後にキャンセル)

さて、ワタシのナノ・ムゲン2009でのメインであるマニックスだが、来日はおととしのサマソニ以

記事を読む

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)@横浜Bay Hall

MITCH IKEDAさん

マニック・ストリート・プリーチャーズやオアシスに認められ、受け入れられた日本人カメラマンがい

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑