*

愛の嵐(1973年)

愛の嵐(1973年)

1957年のウィーン。ホテルのフロント係兼ポーターとして働くマックスは、宿泊客として訪れた夫妻の女性ルチアを見て困惑する。マックスは戦時中はナチス親衛隊の将校で、彼女は当時強制収容所で弄んだユダヤ人の少女だったからだ。ルチアもまた、マックスを見て困惑していた。

元ナチス将校の面々は、残党狩りから逃れるため、証拠の抹消や証人の抹殺などをおこなっていた。一方ルチアは出発日になってもホテルに残り、夫を先に行かせていた。マックスは彼女の部屋へ行き、自分を脅すつもりかと詰めかけて殴りつける。がしかし、やがてふたりは当時のことを思い出し、情念を絡め合う。

作品自体は今回が初見だが、あまりにも象徴的な宣材写真だけは何度も見かけていた。ナチス帽をかぶり、トップレスにサスペンダー姿は衝撃的で、今や作品を飛び越えてひとり歩きしている感がある。

物語は、劇中の現在にあたる1957年と戦時中とが交互に切り替わって進行する。大人になったルチアはロングヘアだが、戦時中はショートで、60年代のを彷彿とさせる。上記のルチアの姿のシーンは、時間的には1、2分とほんのわずかだ。

戦時中、マックスとナチス将校たちは、まるで人形のようにルチアを扱っていた。ルチアとしては抗う選択肢はなく、従うよりほかなかったと思われる。ルチアにとっては思い出したくもない忌まわしい記憶、かと思いきや、マックスとの再会後は主導権を握り、振り回している。この方向に行くことが驚きだが、だからこそ本作が観る人に刺さったのだろう。

マックスのダーク・ボガードは、1999年に亡くなっている。ルチアのシャーロット・ランブリングは、現在も女優として活動中。ワタシが観たことのある作品だと、『エンゼル・ハート』『氷の微笑2』『アサシン・クリード』『レッド・スパロー』『デューン』に出演していた。

関連記事

アメリ(2001年)

パリのモンマルトルに住むアメリは、元軍医の父親からは心臓が悪いと勘違いされて学校には行かせて

記事を読む

ノッティングヒルの洋菓子店(ネタバレあり)

ノッティングヒルの洋菓子店(ネタバレあり)

共同経営でロンドンのノッティングヒルにベーカリーの開店準備をしていた、サラとイザベラ。しかし

記事を読む

バグダッド・カフェ(1987年)

ドイツのローゼンハイムからアメリカ旅行に来ていた太った中年女ヤスミンは、夫と喧嘩して車を降り

記事を読む

ライフ・イズ・ビューティフル(1997年)

第二次世界大戦の開戦前。北イタリアの田舎町にやってきたユダヤ系イタリア人のグイドは、小学校教

記事を読む

キンキーブーツ(2006年)

父の急死で靴工場を相続した主人公チャーリー。しかし工場は倒産直前で、父はそのことを従業員に隠

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑