*

プラネタリアYOKOHAMAに行ってきた

公開日: : イベント・展示

プラネタリアYOKOHAMA

コニカミノルタによるプラネタリウムは、東京都内に3箇所ある。そして、2年前に横浜にもオープン。いつかは行こうと思い、ゴールデンウィークのときに行ってきた。

上映プログラムは4種類あり、「songs for the planetarium」を選択。4人の女性アーティスト、Perfume、Aimer、絢香、の曲に併せて映像が流れるプログラムとふわっと認識していた。

進行は、声優神谷浩史のナレーションによるラジオ番組のような形式で、ちょっと悲しい、あるいは懐かしい思い出のお便りを3点紹介し、それぞれのエピソードの後に曲を紹介。映像は宇宙だけに限定されず、街並みの夜景や船から臨む海などが繰り広げられ、アニメの線画がシンクロしていた。

かかった曲は、いずれも宇宙や星をテーマにしていた。Coccoの場合、シングル『星に願いを』やアルバム『スターシャンク』など、星をテーマにした作品は少なくない。ここでは『プロム』収録の『星の子ら』が流れ、癒しがにじみ出たメロディはプログラムの締めくくりに相応しかった。

球体型のスクリーンは、映画館やコンサートでもなかなか見られない、ほぼプラネタリウムオンリーの映像表現だ。頭上いっぱいに広がる星の洪水は、やはり圧巻だった。

連休ということもあってか、チケットは完売。今回は思いつきで前日にチケットを取ったため、左後方端っこの座席だった。調べたところでは、映像全体を楽しむなら後ろの席、没入感を味わいたいなら前の席がベターだそうだ。今回のプログラムはナレーションが軸の構成だったので、機会があれば、次回は映像主体のプログラムを楽しみたい。

関連記事

Cocco『みなみのしまのはなのいろ』原画展に行ってきた

Cocco『みなみのしまのはなのいろ』原画展に行ってきた

Coccoが15年ぶりに絵本を出版。『みなみのしまのはなのいろ』というタイトルで、その原画展

記事を読む

Cocco『南の島の星の砂』原画展

9月に出版されたCoccoの絵本『南の島の星の砂』の原画展が、沖縄~大阪を経て、東京渋谷でも

記事を読む

Cocco「想い事。」写真展(2007年)

Cocco「想い事。」写真展(2007年12月)

Coccoが毎日新聞に連載していたエッセイが、「想い事。」という本になって出版された。その本

記事を読む

Cocco「東京ドリーム」展

Cocco「東京ドリーム」展(2013年11月)

Coccoは2013年10月25日に詩集「東京ドリーム」を発売。それにリンクして、青山のギャ

記事を読む

Cocco『南の島の恋の歌』原画展

先日、2冊目の絵本『南の島の恋の歌』を出版したばかりのCocco。その原画展がまずは沖縄で開

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑