*

007 私を愛したスパイ(1977年)

公開日: : 最終更新日:2023/02/14 ロジャー・ムーア ,

007 私を愛したスパイ(1977年)

核を搭載したイギリスとソ連の潜水艦が、突如消息不明に。MI6のMはジェームズ・ボンドを呼び出すが、ボンドはオーストリアの雪山でソ連KGBのスパイに命を狙われていて、スキーで滑降しつつストックの銃で追手を倒し、なんとか逃げ切った。ボンドは、潜水艦追跡システムの情報が入ったマイクロフィルムを追って、エジプトのカイロに向かう。

MI6とKGBは共同戦線をとることとなり、ボンドはKGBの女スパイのアニヤと行動を共にする。マイクロフィルムは海運王ストロンバーグの部下ジョーズも狙っており、フィルムを入手した2人は、ストロンバーグの研究所があるサルディーニャ島へ向かう。共に危機を切り抜けるうちに2人はやがて深い仲になるが、アニヤは自分の恋人がボンドに殺されたことを知り、この任務が終わったらボンドを殺すと宣言する。

アニヤはスパイとしての能力も高く、007作品を時系列順に観ていくと、ボンドと対等な関係にあるはじめてのボンドガールに思える。にもかかわらず、タイトルのせいもあるのか、中盤までは任務遂行は表向きで、2人のつかず離れずのラブストーリーのようにも見えてしまった。後半でアニヤはストロンバーグに拘束され、ボンドは救出に向かう。つまり、待つ女と追う男という、オーソドックスな図式に収まっている。

エジプトのピラミッドやスフィンクスをバックにしたロケーションや、アメリカ潜水艦がまるごとタンカーに取り込まれてしまうシーンなど、スケール感の拡大が伺える。007作品でクライマックスの舞台になることが多かった敵アジトの作りが、今一つ安っぽかったことを思うと、今回はそうした不満はあまりない。

アニヤはバーバラ・バック。名前は聞いたことがある人だったが、出演した作品の数はそれほど多くなく、ワタシが他に観た作品もなかった。後に、「おかしなおかしな石器人」で共演した、(!)と結婚したそうだ。また、ボンドとアニヤを執拗につけ狙うジョーズは、巨漢で鋼鉄の歯を持つ殺し屋だが、服はほぼ普段着、そしてどこか憎めない表情をしている。終盤、タンカー爆破後にサメと格闘していたが、生死不明でフェードアウトしている。リチャード・キールという人が演じていて、身長2メートル18センチ、世界一大きな俳優という称号を持つ人のようだ。

関連記事

007 美しき獲物たち(1985年)

ソ連国内でICチップを持ち出したMI6のエージェント003は、ソ連軍に追われるうちに雪山で遭

記事を読む

007 オクトパシー(1983年)

東ベルリンに潜入していた英国諜報員009は、大使館にファベルジュの卵(偽物)を持ち込んで死亡

記事を読む

007 ユア・アイズ・オンリー(1981年)

英国の諜報船セント・ジョージが、何者かの攻撃を受けて沈没させられる。セント・ジョージにはミサ

記事を読む

007 死ぬのは奴らだ(1973年)

カリブ海の小国サンモニクを調査していた3人の英国諜報員が相次いで殺され、ジェームズ・ボンドは

記事を読む

007 ムーンレイカー(1979年)

アメリカからイギリスに空輸中のスペースシャトル「ムーンレイカー」が、何者かに強奪された。ジェ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑