*

地中海殺人事件(1982年)

公開日: : 最終更新日:2023/09/22 エルキュール・ポアロ・シリーズ

地中海殺人事件(1982年)

私立探偵エルキュール・ポアロは、実業家ブラットのダイヤが偽物であることを認める。ブラットは愛人のアリーナにダイヤを渡し、別れた後に彼女が返してきたと思われる。ポアロは、高級リゾートホテルでアリーナに会い、ダイヤについて聞くことを依頼される。

リゾートホテルでは、経営者のダフネをはじめ、宿泊者たちはみなアリーナとなんらかの関わりがあった。パトリックは夫人のクリスティンと同伴していながら、アリーナとベタベタしていた。数日後、パトリックは浜辺でアリーナが絞殺されているのを発見。しかし、宿泊客たちにはそれぞれアリバイがあった。

1978年に公開された『ナイル殺人事件』からのシリーズものと見ていて、ポアロ役は同じくピーター・ユスティノフ。ジェーン・バーキンがクリスティン、マギー・スミスがダフネと、一部の女優が別の役として出演している。

殺害されるアリーナは、ダイアナ・リグ。『女王陛下の007』ではボンドガールだったが、本作とは公開年に13年の開きがある。007ではお転婆娘だったのが、本作では傲慢な大人の女優役になっていた。本作を監督したガイ・ハミルトンは、『007 ゴールドフィンガー』をはじめ4作の007作品を監督している。

ジェーン・バーキンは「エルメスのバーキン」というキャッチフレーズがついて回り、女優としてはどんな感じだろうかと思っていた。『ナイル殺人事件』では暗い性格のメイド役で、出番も少なかった。本作でも中盤までは同じようなキャラクターだったが、しかしラス前ではゴージャスに着飾り、自信に満ちた態度・言動になっていた。彼女の、女優としての力量を見た気がした。

宿泊している関係者がみなアリーナをよく思っておらず、殺害する動機を持っている。ポアロは、終盤で関係者全員を集めて謎解きを披露する。こうしたシチュエーションはほかの作品にも共通していて、アガサ・クリスティ印とでも言えばいいだろうか。

『名探偵コナン』でも、レギュラー回ではこのシチュエーションを踏襲することが少なくない。ミステリーの基本フォーマットのひとつなのだと思う。

関連記事

オリエント急行殺人事件(1974年)

1935年。エルキュール・ポアロはロンドンに向かうべく、オリエント急行に乗車。しかし、一夜明

記事を読む

ナイル殺人事件(ネタバレあり)

ナイル殺人事件(少しネタバレ)

大富豪リネットとサイモンの結婚パーティーで、招待客の中にエルキュール・ポアロの姿があった。一

記事を読む

ナイル殺人事件(1978年)

巨額の遺産相続人となったリネットは、友人ジャクリーンから、彼女の婚約者サイモンが生活に困窮し

記事を読む

オリエント急行殺人事件(ネタバレあり)

オリエント急行殺人事件(ネタバレあり)

1934年。フランス行きの列車オリエント急行に乗っていたエルキュール・ポアロは、一夜開けて乗

記事を読む

名探偵ポアロ ベネチアの亡霊

名探偵ポアロ ベネチアの亡霊(ちょこっとネタバレ)

1947年のベネチア。隠遁生活を送っていたエルキュール・ポアロに、友人の推理作家オリヴァが訪

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑