*

カッコーの巣の上で(1975年)

公開日: : 最終更新日:2023/09/23 アメリカン・ニューシネマ ,

カッコーの巣の上で(1975年)

精神異常を装い、刑務所での強制労働を免れて精神病院に来たマクマーフィー。婦長が定めたルールを次々に破り、グループセラピーよりもテレビをつけるよう主張したり、仲間の患者を連れて海に釣りに行ったり、と、やりたい放題。そしてクリスマスの夜、女友達を病棟に連れてどんちゃん騒ぎをし、混乱のどさくさに乗じて脱走を図る。

いわゆるアメリカン・ニュー・シネマのカテゴリに入るらしいが、精神病院という舞台や看護師対患者という図式は、権力とそれに反発する反体制という図式とは少し離れ、異色に感じる。看護師側がやりすぎだと思ったのは、どんちゃん騒ぎの後マクマーフィーに施したロボトミーくらい。そしてコレは、『時計じかけのオレンジ』を思い起こさせる。

キャストは、マクマーフィーに。今や大御所、怪演俳優のイメージが強いが、ここでは若々しく(といっても30代後半だが)体型も細身で、血気盛んな青年を演じ、アカデミーでは最優秀主演男優賞を受賞。敵対?する婦長はルイーズ・フレッチャーで、こちらもアカデミー主演女優賞を受賞。この人にとっては、この役が代表作のようだ。他にも、患者役でやクリストファー・ロイド(「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドク役)などが脇を固めている。

マクマーフィーが病院脱走を決心したのは、チーフと呼ばれる大柄の患者が、しゃべれないと思われていたのが実はその「ふり」をしていただけだと知ったときだ。そのチーフが、ラストでは廃人状態のマクマーフィーを仲間と認めながらも窒息死させ、窓を割って病院を出ていく。信頼していながら自ら手にかけるという行為は、何かの暗示なのかな。また、「カッコーの巣」とは精神病院の蔑称でもあるらしい。

関連記事

イージーライダー(1969年)

コカインの密輸で大金を得たワイアットとビリーは、金をハーレーのタンクに隠してバイクでニューオ

記事を読む

俺たちに明日はない(1967年)

世界恐慌時代に実在したギャング、ボニー&クライドの生きざまを描いた映画が、『俺たちに明日はな

記事を読む

明日に向って撃て!(1969年)

時代はいわゆる西部劇の頃。泥棒と銀行強盗を生業としているブッチとサンダンスは、列車強盗を試み

記事を読む

バニシング・ポイント(1971年)/バニシング・ポイント 激走2000キロ(1997年)

プライマル・スクリームが題材を求め、97年に同タイトルのアルバムもリリースした映画「バニシン

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑