*

ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)@サマソニ’23

公開日: : 最終更新日:2023/08/22 Summer Sonic 2023 ,

ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)@サマソニ'23

リアムのときとは別の、そしてある意味それ以上の尋常ならざる空気感が、始まった瞬間に爆発した。ケンドリックその人も、そして特にアリーナに集結したオーディエンスも、共に素晴らしかった。

ステージ上はだだっ広いスペースになっていて、パープルのツナギのような服を着たケンドリックが登場。サングラスをかけ、バンダナか何かを頭に被せてその上からキャップを被っていた。なので、スクリーンに抜かれても表情を伺うのは難しかった。

流暢にラップを刻むが、フィジカル面でのオーバーアクションはない。急がず、どっしりと構えているように見え、従来のヒップホップアーティストのイメージとは異なっている。そしてだからこそ、存在感がとてつもなく大きく感じられ、ステージもそして場内も異様な空気に包まれると感じる。

サングラス姿の黒人パフォーマーが、序盤ではふたり、やがてひとりずつ増えていき、最大5人までになった。彼らはフォーメーションを組んで体を小刻みに揺らしたり、ゆっくりとムカデ歩き状態で連なって足を進めたり、と、こちらも異様な表現をおこなっていた。サウンドはカラオケやDJ ではなくバンドの生演奏で、恐らくステージ両サイドにて演奏されていたと思う。

オーディエンスに歌わせる局面がいくつかあったが、特にアリーナが敏感に反応し、そして完璧にこなしていた。ことばの壁がある日本では、英語詞のシンガロングを成立させるのは難しく、増してやヒップホップとなるとそのハードルは更に上がると、ずっと思っていた。ところが、ここでは薄まりも途切れもしない、高いクオリティでオーディエンスはケンドリックに応えていた。

『Alright』を経て、ラスト『Savior』の終盤、ライトスタンド後方の場外から花火が上がった。個人的に、去年はマウンテンステージで締めていたので、の花火を観たのは久しぶりだった。この素晴らしいライヴ、そして完全復活したサマーソニックに対する、祝祭の瞬間だった。

関連記事

ウェット・レッグ(Wet Leg)@サマソニ’23

ウェット・レッグ(Wet Leg)@サマソニ’23

昨年、同名のアルバムが賞レースを席巻したウェット・レッグ。リアンとへスターのデュオで、バンド

記事を読む

メイジー・ピーターズ(Maisie Peters)@サマソニ’23

メイジー・ピーターズ(Maisie Peters)@サマソニ’23

金髪で細身で華奢、そしてチャーミング。ポップなメロディーに乗せて歌うさまは、アイドルチックだ

記事を読む

コーネリアス(Cornelius)@サマソニ’23

コーネリアス(Cornelius)@サマソニ’23

観るのは、去年のフジロック、ホワイトステージ以来。ただ今年は、先月に新譜『夢中夢 -DREA

記事を読む

リアム・ギャラガー(Liam Gallagher)@サマソニ’23

リアム・ギャラガー(Liam Gallagher)@サマソニ’23

これがヘッドライナーじゃないのか、というくらいの、尋常ならぬ空気感に包まれたライヴだった。わ

記事を読む

サマソニ2023に2日間参加

サマーソニック、今年は去年に続き、東京会場に2日間とも参加することにした(ソニックマニアは今

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑