*

崖っぷちの男(2012年)

公開日: : 最終更新日:2022/12/18 サスペンス

崖っぷちの男

元刑事で服役中のニックは、父の葬儀に参列するため一時外出を許されるが、そこで脱走。ニューヨークの高級ホテルに部屋をとり、窓枠から出て飛び降りようとする。警察や野次馬が集まる中、ニックは交渉人に女刑事リディアを指名。一方、ニックの指示を受けた弟は、ホテル向かいの実業家が所有するビルに忍び込んでいた。

予告編ではニックが高層ビルの窓の外に立つシーンや札束をばらまくシーンなどが抜粋で流れていて、結構ショッキング。映画本編も、前半はニックが何のためにこんなことをしているのかがわからず緊張感が漂うが、話が進むにつれて徐々に輪郭が明らかになってくる。観る側をどきどきさせる、秀作だ。

ニックはが演じていて、髪の伸びたサムはふつうの青年にしか見えず、『ターミネーター4』『アバター』の坊主頭の方が迫力がある。がしかし、ここではふつうの青年でいい。他のキャストを調べると、実業家がエド・ハリスだが、頬がこけげっそりしたイメージで、エンドロールを見るまでわからなかった。交渉人リディアはエリザベス・バンクス、ニックの元相棒の黒人刑事は『アジャストメント』の調整局員の人だった。

関連記事

9人の翻訳家

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(ネタバレあり)

ベストセラー小説『デダリュス』の続編となる第3作の翻訳が、フランスのとある豪邸の地下でおこな

記事を読む

レミニセンス(ネタバレあり)

レミニセンス(ネタバレあり)

近未来のマイアミは、戦争と海面上昇によって街の一部が水没。退役軍人のニックは、戦時中の尋問装

記事を読む

推理作家ポー 最期の5日間(2012年)

推理小説を書かなくなったエドガー・アラン・ポーは評判を落とし、酒代もなく店から叩き出される始

記事を読む

バンテージ・ポイント(2008年)

スペインで各国要人が集まり、首脳会議が行われていた。アメリカ大統領が屋外で演説を行っていたと

記事を読む

ラスベガスをぶっつぶせ(2008年)

マサチューセッツ工科大学のベンはハーバード大学への編入試験に合格するが、授業料と生活費の工面

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑