*

Rhapsody:フレディ・マーキュリー(Freddie Mercury)写真展(2001年12月)

公開日: : Queen

The Freddie Mercury Album

1991年11月23日に自らがAIDSであることを公表し、翌24日に帰らぬ人となった、。それから10年が経った2001年に、フレディの写真展「Rhapsody」が渋谷パルコパート3で開催されていた。

写真展は11月23日から12月3日までの開催で、ワタシは12月2日に行ってきた。日程的にも終盤であり、しかも日曜ということもあってなのか、たくさんの人でにぎわい、混雑していた。もちろん、フレディを愛するファンがたくさん集まったのだろう。お客さんは若い人もいたのだが、それ以上に年配の女性連れやご夫婦などが目立った。会場はとても狭く、密閉感ありありだった。

フレディはアフリカのザンジバル島で生まれ、父の仕事の都合でインドへ移り住み、少年時代を過ごす。更に今度はイギリスに移り、ジシャンとして始動。以後の目覚しい活躍はご存知の通りだ。

写真は、序盤は生後6ヶ月のものや母や妹と一緒のもの、自室でギターを弾くものなど、プライベートなものが中心だ。としてデビュー後は、ぴったりタイツに胸元が大きく開いた衣装姿で熱唱する姿が増える。恐ろしいまでに異様で奇抜だが、フレディがまとえばそれはステージを構成する立派な衣装となる。フレディが実際に着た衣装も、3着展示されていた。PVも流されていて、多くの人が足を止めて見入っていた。

欲を言わせてもらえば、日本公演の写真や日本でのオフのときの写真などがもっとたくさんあってもよかったかなあという気もする。ただその代わりというか、武田仁さんというグラフィックデザイナーの手による作品が、最後に展示されていた。

武田さんは佛画の作品も数多く手がけていて、海外でも評価されている方だそうだ。日本の文化に興味を示していたフレディに、自宅に飾るための絵を描くよう依頼されていたとのこと。しかし、その約束を果たす前にフレディが帰らぬ人になってしまい、それから10年が経って武田さんはやっと約束を果たすことになった。その絵には、「如来になったフレディ」というタイトルがつけられていた。

関連記事

クイーン 輝ける日々

クイーンのドキュメンタリーが2011年に英国BBCで2回に分けて放送され、DVD化されている

記事を読む

ボヘミアン・ラプソディ ライヴエイド完全版

クイーンの、というよりフレディ・マーキュリーの伝記映画、『ボヘミアン・ラプソディ』。公開当時

記事を読む

Queen

クイーン(Queen)@BS熱中夜話

NHK-BS2の『BS熱中夜話』にて、2週に渡ってクイーンを特集していた。テーマは極めて明快

記事を読む

等身大フレディ像

クイーン展ジャパン(Queen Exhibition Japan)に行ってきた

クイーンの展示会が、1月に日本橋高島屋で開催された後、会場を横浜アソビルに移して開催中。足を

記事を読む

クイーン+ポール・ロジャース(Queen And Paul Rodgers)

来日公演も盛況だった様子のクイーン+ポール・ロジャースだが、先日WOWOWでイギリスでのライ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑