*

ローリング・ストーンズ(The Roling Stones)、マッスルショールズでレコーディング

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 The Rolling Stones

ザ・ローリング・ストーンズ『スティッキー・フィンガーズ』

マッスルショールズに立ち寄りレコーディングした時期と曲が、とても興味深い。

立ち寄ったのは、1969年12月2日と3日。この2日間で、『Brown Sugar』『Wild Horses』『You Gotta Move』の3曲をレコーディングしている。これらは1971年にアルバム『Sticky Fingers』としてリリースされ、『Brown Sugar』は先行してシングルカットされた。

1969年は、ストーンズの長きに渡る歴史の中でも激動の年だ。ドラッグに溺れバンドメンバーとして機能しなくなったブライアン・ジョーンズを解雇し、後任にミック・テイラーを迎えた。ハイドパークのライヴはテイラーお披露目を冠するはずだったが、ブライアンが自宅プールで謎の死を遂げたことにより、急遽ブライアン追悼と銘打たれた。

マジソンスクエアガーデン公演の最終が、11月28日。オルタモントが、12月6日。このわずかなインターバルの間にストーンズはマッスルショールズを訪れた。今見てみれば、なんてスリリングなのだろう。マジソンスクエアガーデンのとき、楽屋にはが訪れていて、ミックがギターで『Brown Sugar』をさらりと弾いている。これまでなんとはなしに見ていた映像だが、これでひとつにつながった。

この時期のストーンズは、マネージメントのゴタゴタを整理し、ブライアンをレイオフし、と、バンドが切り替わって次のステップに向まさにかうモードになっていた。「オルタモントの悲劇」だけが、予期せぬ、そして余計なことだったのだ。

関連記事

マディ・ウォーターズ・アンド・ローリング・ストーンズ(Muddy Waters & The Rolling Stones)『Checkerboard Lounge・Live Chicago 1981(DVD+2CD)』

ローリング・ストーンズのライヴにマディ・ウォーターズがゲスト出演したライヴと思い込んで買った

記事を読む

ザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)『Some Girls Live In Texas’78』

ローリング・ストーンズの蔵出しシリーズから、1978年のライヴ映像を観た。アルバム『Some

記事を読む

ローリング・ストーンズ展「Exhibitionism(エキシビジョニズム)

Exhibitionism‐ザ・ローリング・ストーンズ展を観に行ってきた

2016年にロンドンで開催され、世界各都市を経てこの3月から東京で開催されている、ローリング

記事を読む

BS音盤夜話

ロックの名盤を語り尽くそうという主旨の音楽番組、「BS音盤夜話」を観た。萩原健太、近田春夫、

記事を読む

Live In Knebworth 1976(DVD)

CDのハズレ買いはたまにするが、DVDでのハズレは今までなかったと思う。今回は、やっちゃった

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑