*

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)@横浜ベイホール

公開日: : 最終更新日:2023/10/15 Manic Street Preachers

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)@横浜Bay Hall

99年の赤坂Blitzで初めてのライヴを観て以来、今日が7回目。そして今夜、最も近いポジションで彼らを観た。狭い横浜ベイホールで、整理番号もそこそこ若い番号だったワタシは、入場と共にダッシュ。ニッキー側に人が集まっていたのは予想通りで、反対側の最前を確保した。

ほぼ定刻にスタート。ジェームス、ニッキー、ショーンの3人のほか、キーボードとギターのサポートを加えた5人編成。『You Love Us』『Your Love Alone Is Not Enough』『Motorcycle Emptiness』の3連打で、いきなりショウは沸点に。ジェームスは黒を基調とした衣装、ニッキーは白を基調とした衣装で、まるで狙ったかのようなコントラストに。ニッキーが終始微笑んでいたのが印象的だった。バックドロップには、新譜『Postcard From A Young Man』のジャケットを大きくした画像があった。

ニッキーはかなり上背があるが、ジェームスは結構小柄だった。声はよく出ていたし、伸びもあった。MCも頻繁にあり、それはジェームスだけでなく、ニッキーもだった。ショーンも、後半ではにこにこしながらドラムを叩いていた。サポートの2人、ギタリストは結構いい男。キーボードの人は結構年配で、いろいろなアーティストのサポートをこなしてきた人のよう。『Ocean Spray』では、間奏でトランペットを吹いていた。リードギターはやはりジェームスで、サポートはリズムギターの方を担っていた。

中盤でジェームス弾き語りのアコースティックコーナーがあり、なぜか『ラ・バンバ』のリフを弾くジェームス。ここでの曲は、前日のコーストとは異なる『The Everlasting』だった。その後他のメンバーが再登場するが、ニッキーが着替えていてスカート姿に!ラストは、『Tsunami』を経て今やアンセムとなった『A Design For Life』だった。

セットリストがキャリア横断的なのは、マニックスにとってはいつものことだが、強いて難を言えば新作や前作『Journal For Plague Lovers』からの曲をもっと演ってほしかったかな。初期の曲で熱狂するのもいいけどね。

ワタシがいたステージ向かって左側の前方は、誰もいないスペースになっていた。それは、マニックスのファンであればご存じのことだが、リッチー・エドワースのポジションだからだ。そこに陣取って初めてわかったのだが、ジェームスは頻繁にこちらを向いて歌い、また何度となくこちらに来てはギターソロを弾いていた。ワタシのすぐ眼前に、ジェームスがいた。何度も、何度も。

関連記事

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)@Studio Coast Day1

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)@Studio Coast Day1

『National Treasures』2夜連続ライヴの第1夜だった。 まずは、オープ

記事を読む

マニックスのジェームズとニッキー、来日中止に

  活動停止中のマニック・ストリート・プリーチャーズだが、ギター&ヴォーカルのジェームス・ディ

記事を読む

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)『Generation Terrorists (20th Anniversary Edition)』

マニック・ストリート・プリーチャーズが1992年に投下したデビューアルバム、『Generat

記事を読む

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)、Nano-Mugen.Fes2009に出演(後にキャンセル)

さて、ワタシのナノ・ムゲン2009でのメインであるマニックスだが、来日はおととしのサマソニ以

記事を読む

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)@Zepp Divercity

マニックスのゲスト(オープニングアクト)にアジカン

かつては横浜アリーナで自身のフェスを開催し、日本人アーティストのロックフェスではヘッドライナ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑