*

スウェード『Suede(コンプリート・エディション・DVD付)』

公開日: : 最終更新日:2023/10/20 Suede , ,

スウェード(コンプリート・エディション)(DVD付)

2011年、のオリジナルアルバム5枚がボーナスディスクとDVD付の仕様で再発された。というわけで、まずはファーストアルバムから。

ディスク1は、オリジナル曲のリマスターに加え、7曲のデモ音源を収録。美しさとスキャンダラスさを兼ね備えた佇まいは当時も今も唯一無二だし、独自すぎるためなのか、この世界観の継承者すらいない。『Animal Nitrate』『The Drowners』『Metal Mickey』は、再結成後の現在もライヴで軸となる名曲だ。

ディスク2は、シングルのカップリングや別バージョン、未発表曲などを収録。『My Insatiable One』ってアルバム未収録曲だったんだと、今さらながらに気づかされ、更にはそのピアノバージョンまである。初期のスウェードはカップリングのクオリティーが高く、シングルに賭けるバンドの情熱が伺える。

DVDは必見だ。シングルのPV、アルバムリリース前のブリットアウォード出演時のパフォーマンス、シェフィールドでのライヴ、単独ソフト化されていた『Love And Poison』、そして(!)とのインタビューだ。シェフィールドのライヴはプライベートショットなのか、手ブレしまくりだし、ブレットばかり映ってるし、最後は唐突に切れて終わる。がしかし、ブレットが上半身をあらわにしたりステージを降りてフロアに突入したり、というパフォーマンスは、デビュー時から今に至るまでブレていないことがわかる。

CDの帯によれば、バーナードとブレットが揃ってスウェード作品に登場するのは、バーナード脱退後初だとか。2人とも冷静に当時を振り返っていて、どちらかと言うとバーナードの方が饒舌。2人のバンドに対するスタンスが垣間見えるようで、ブレットにとってはスウェードが全てだが、バーナードにとっては仕事のひとつだったのではと思わされる。でも、2人の仲は今でも良好そうだ。

関連記事

スウェード(Suede)、10年ぶりの単独来日

スウェードの来日公演が、7日の名古屋よりスタートしている。ワタシは、明日11日の公演に行く予

記事を読む

スウェード(Suede)『Royal Albert Hall.24 March 2010』

2010年に再結成を果たしたスウェードの、再結成初ライヴを収録したライヴDVDを観た。

記事を読む

スウェード(Suede)@赤坂Blitz

今までスウェードのライヴを観てきて、今回こそが最高のライヴだと思ったことが何度かある。ナノム

記事を読む

スウェード(Suede)『ニュー・モーニング/New Morning(コンプリート・エディション・DVD付)』

スウェード5枚目にして、活動休止前のラストアルバム『New Morning』。5枚の作品中最

記事を読む

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)/スウェード(Suede)

スウェード(Suede)@Zepp Haneda初日

マニックス終了後、約40分のセットチェンジを経て、初日クロージングのスウェードへ。SEを経て

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑