*

Live In Knebworth 1976(DVD)

Live In Knebworth 1976(DVD)

CDのハズレ買いはたまにするが、DVDでのハズレは今までなかったと思う。今回は、やっちゃった。。。

76年にネブワースで行われた(恐らく)フェスティバルのDVDで、収録時間は約77分。パッケージには出演アーティストの名前があるが、演奏曲やチャプターの掲載がない。それもそのはずで、関係者と思しき人へのインタビューが大半で、その合間に一部のアーティストのライヴ映像が流れる構成なのだ。

しかも、出演順が早かったアーティストは、数10秒の静止画のみ。この中に、トッド・ラングレンズ・ユートピアもあった。ではライヴ映像のあるアーティストはというと、レーナード・スキナード、10ccが、共に10分程度の曲が1曲。10ccは画質音質共に厳しいものがあったが、ジャムセッション風の演奏には見応えがあった。

そして、トリがだ。『Honkey Tonk Women』『Wild Horses』の2曲で、合わせて約10分。76年という時期から、ロン・ウッドが加入してバンドが落ち着いた頃だろうか。『Wild Horses』では、、ロニーの3人が並んで歌い、ミックとキースではなく、ミックとロニーで1本のマイクを使っている。また、ビル・ワイマンとチャーリー・ワッツの姿も、少しだが確認できる。『Ladies And Gentlemen』では長髪だったチャーリーだが、ここでは現在とほぼ同じ風貌だ。

76年のストーンズのライヴ映像は確かに貴重だが、このためだけにこのDVDを所有し続けるかどうかは、かなり微妙だ(結局売却した)。

関連記事

THE ROCK STORIES

先月、フジテレビで3夜連続計6時間で、ロックの歴史を紹介する番組「THE ROCK STOR

記事を読む

ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男

ローリング・ストーンズの創始者でありながらバンドを追われ、その後自宅プールで謎の水死を遂げた

記事を読む

ザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)『Gimme Shelter』

ローリング・ストーンズ1969年のドキュメンタリー映画『Gimme Shelter』が、20

記事を読む

BS音盤夜話

ロックの名盤を語り尽くそうという主旨の音楽番組、「BS音盤夜話」を観た。萩原健太、近田春夫、

記事を読む

ザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)『Some Girls Live In Texas’78』

ローリング・ストーンズの蔵出しシリーズから、1978年のライヴ映像を観た。アルバム『Some

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑