*

マッドマックス2(1981)

公開日: : 最終更新日:2024/06/03 マッドマックス ,

マッドマックス2(1981)

大国同士の戦争によって文明は壊滅し、世界は石油ショック状態になっていた。マックスは砂漠の中にある製油所と、運営するコミュニティに行き当たる。しかし、暴走族の一団がその製油所を狙っているという状態だ。マックスはただガソリンがほしいだけだったが、結果的にコミュニティ側につくことになる。

前作は近未来の田舎町が舞台だったが、今回は世界観を大胆に変えている。クルマ、バイク、バギーはやたらと豊富で、それらを動かすためのガソリンが貴重な資源になっている。暴走族リーダーのヒューマンガスはホッケーマスクを被った半裸の男、ナンバー2ウェズはモヒカンヘアで腕にボウガンをつけている。こうした設定は、よく言われていることだが、マンガ『北斗の拳』に多大な影響を与えている。

引き続き登場するキャラクターは、主人公マックスのみだ。無精ヒゲを生やし、眼光は鋭くなった。前作からの継承として、左足のケガを補うためギブスをつけ、V8インターセプターに乗っている。ただし、V8は中盤で暴走族の襲撃を受けて炎上してしまう(マックスも傷を負ってしまう)。

舞台はまるまる砂漠の中かと思いきや、序盤および終盤クライマックスのカーチェイスは、砂漠ではなく道路を中心にして行われていた。疾走するタンクローリーに飛び乗ったり、タイヤに巻き込まれて散っていったり、と、臨場感がすごい。最後、ヒューマンガスが乗る改造車とタンクローリーとの正面衝突(ウェズが挟まれた)など、どうやって撮影したのかと思わされる。

原題は『The Road Warrior』。アメリカのプロレスタッグチーム「ロード・ウォーリアーズ」のスタイルも、実はこの作品が元ねただった。原題を知る知らないにかかわらず、どちらも割かしリアルタイムで観ていたのに、なぜ両者の関連に気づかなかったのか。。。

関連記事

マッドマックス フュリオサ

マッドマックス フュリオサ(ラストまで言及につきネタバレ注意)

緑の地に住む少女フュリオサは、暴走バイカー集団に拉致されてしまう。母親が必死になって彼女を取

記事を読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード

マッドマックス 怒りのデス・ロード(ネタバレあり)

近未来。砂漠の中をV8インターセプターで走っていたマックスは暴徒に襲われ、彼らのコミュニティ

記事を読む

マッドマックス サンダードーム(1985)

飛行機乗りの親子に乗り物などを略奪されたマックスは、徒歩でバータータウンという町にたどり着く

記事を読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のパンフレットが素晴らしい

インターネットの普及により、多くの紙媒体は取って変わられている。映画のパンフレットも、同様と思ってい

記事を読む

マッドマックス フュリオサ

『マッドマックス フュリオサ』のパンフレット、前作に劣らず充実

9年前に公開された『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、『サンダードーム』から実に30年

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑