*

マッドマックス(1979)

公開日: : 最終更新日:2015/09/01 マッドマックス

マッドマックス(1979)

暴走族のナイトライダーは、追跡するパトカーを次々に転倒させ警官を負傷させるが、警官マックスは追い詰めて自爆させる。しかし仲間たちが警官への復讐のために集まり、同僚グースは殉職してしまう。

ショックを受けるマックスに上司は休暇を命じるが、家族と共に過ごしていたマックスにも暴走族の魔の手が伸びる。妻と子を殺されたマックスの怒りは、頂点に達した。V8インターセプターに乗りショットガンをブッ放し、暴走族たちと対決する。

何度か繰り返し観ている作品だが、観る度に発見がある。ここでの警察はM.F.P.と呼ばれ、警官は革ジャンで肩やひざなどにパッドをつけ武装している。「ロボコップ」の、デトロイト市警のルーツのようにも思える。

クルマは右ハンドルで左側を走行しているが、それはこの作品がオーストラリア映画で、撮影もそこでだったからだろう。オーストラリアの交通ルールは、イギリスや日本と同じなのだ。暴走族のバイクには、カワサキやホンダなど日本車が見受けられる。

注目は、やはり序盤とクライマックスでの過激なカーチェイスシーンだ。CGなどなかった時代で、俳優やスタントマンが体を張って演じている。ただ、今回観て思ったのは、マックスはじめM.F.P.と、暴走族が直接的にやり合うのはほとんどなく、自爆を誘うのが大半だということだ。それでもすごいんだが。

音楽を担当しているのはブライアン・メイとなっていたが、クイーンのギタリストとは同姓同名の別人とのこと。かなりホラー色が強い。

関連記事

マッドマックス 怒りのデス・ロード

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のパンフレットが素晴らしい

インターネットの普及により、多くの紙媒体は取って変わられている。映画のパンフレットも、同様と思ってい

記事を読む

マッドマックス サンダードーム(1985)

飛行機乗りの親子に乗り物などを略奪されたマックスは、徒歩でバータータウンという町にたどり着く

記事を読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード

マッドマックス 怒りのデス・ロード(ネタバレあり)

近未来。砂漠の中をV8インターセプターで走っていたマックスは暴徒に襲われ、彼らのコミュニティ

記事を読む

マッドマックス2

マッドマックス2(1981)

大国同士の戦争によって文明は壊滅し、世界は石油ショック状態になっていた。マックスは砂漠の中に

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑