*

スウェード(Suede)活動休止へ

公開日: : 最終更新日:2023/10/01 Suede ,

Suede『New Morning』

昨夜NME.comを観ていたら、「Suede to split」という記事があった。「split」とは、すなわち「解散」の意だ。オフィシャルで確かめようとしたのだが、このときは重くてつながらなかった。そして今日。オフィシャルによると、「来年はメンバーは個々に活動を行い、そしてバンドとして新たな作品を作ることはないだろう」とされている。これを「split」と見なすかどうかは微妙なところだが、「活動休止」にしても、例えばポリスがそうだったように限りなく「解散」に近いニュアンスのようだ。

熱心なファンの方には申し訳ないが、個人的にはうすうすそんな気がしていた。ワタシがを聴き始めたのはセカンド『Dog Man Star』のときだが、このとき既には脱退していて、バンドは早くも窮地に立たされており、「もがいていた」頃だった。しかしサード『Coming Up』はそうしたもやもやを払拭して余りある傑作で、90年代のUKを代表するアルバムのひとつとして挙げてもいいと思う。ワタシが初めてライヴを観たのもこのときだったのだが、それはそれは異様なまでにテンションが高かった。

がしかし、『Coming Up』の出来があまりにも良すぎたことが、今度はプレッシャーに転じてしまったのではないだろうか。4枚目『Head Music』はエレクトロ路線に踏み込んだ意欲作ではあったが、出来は中途半端だったと思う。このときのライヴは、『Head Music』と『Coming Up』『Suede』の曲とでは場内の密度の濃さがくっきりと分かれてしまい、ワタシはあせった。そしてこのとき、次の作品が勝負になるなと思った。ではその『New Morning』はどうだったかというと、やはり『Coming Up』のプレッシャーからは逃れられておらず、『Head Music』の試行錯誤を引きずっているように思えた。今年1月に来日公演があったのだが、ワタシはパスした。東京公演がウイークデーであったことや、個人的にやオーディオスレイヴなど予定が立て込んでいたことなどもあったのだが、一番引っ掛かったのは『New Morning』の出来栄えだったのだ。

もちろん残念は残念だが、しかし彼らが刻んだ足跡は、消えることはない。

関連記事

スウェード(Suede)『ドッグ・マン・スター/Dog Man Star(コンプリート・エディション・DVD付)』

スウェードのセカンドアルバム『Dog Man Star』は、リリースと前後してバーナード・バ

記事を読む

スウェード(Suede)、約半年ぶりの来日

スウェードが現在来日中だ。4日にはJapan Jamに出演し、今夜は大阪で公演が行われた。ワ

記事を読む

スウェード(Suede)『ニュー・モーニング/New Morning(コンプリート・エディション・DVD付)』

スウェード5枚目にして、活動休止前のラストアルバム『New Morning』。5枚の作品中最

記事を読む

スウェード『Suede(コンプリート・エディション・DVD付)』

2011年、スウェードのオリジナルアルバム5枚がボーナスディスクとDVD付の仕様で再発された

記事を読む

スウェード(Suede)@Shibuya-AX

スウェード(Suede)@Shibuya-AX

ワタシにとって通算5度目となった今夜のスウェードのライヴは、これまででベストになるかもしれな

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑