*

エイミー・ワインハウス像(2015年1月1日)

公開日: : 最終更新日:2019/04/19 ロンドン旅行2014年12月-2015年1月

カムデン・マーケット

ユーストン駅まで歩き、ノーザンラインでカムデンタウン駅に行く。ポートベローマーケット、バラマーケットに続き、カムデン・マーケットを訪れる。こちらは、古着をはじめ若者向けのファッションが主になっているそうだ。

エレクトリック・ボールルーム

駅を出てすぐ右手側に、エレクトリック・ボールルームというライヴハウスがあることに気づく。とても狭そうで、英国人ならともかく、ワタシが知っていそうなアーティストは出てないだろうと思いつつ見てみると、2月の予定にクリブスの名前があった。

マーケット内をぶらぶら。カムデンまで来た目的はたったひとつで、の像を見るためだ。

エイミーは才能溢れる優れたアーティストで、ファンのみならずアーティストからのリスペクトも集めていた。ソウルフルな歌声と圧倒的な存在感は、まるでベテランのようだった。一方でアルコールやドラッグに依存し、ステージで嘔吐するなど奇行が伝えられ、長く生きられる人ではないだろうと思っていた。彼女は3年半前に27歳の若さで亡くなっているが、そのとき住んでいたのがカムデンだった。

銅像は去年9月に完成したが、ネットで調べてもあまり情報がなく、どこに銅像があるのかというはっきりとした場所がわからないまま来てしまった。iPad miniに収めておいた、除幕式の写真キャプチャがほぼ唯一の手がかりだった。

エイミー・ワインハウス像

写真の背景と見比べながら、マーケット内を歩き回った。そして、ついに銅像を見つけた。除幕式のときとは少し離れたところに移されていた。恐らく等身大と思われる像は、小柄で細身だった。ワタシが写真を何枚か撮ると、いつのまにか人だかりができるようになった(笑)。

関連記事

羽田空港

羽田空港からロンドンへ(2014年12月28日)

前回は横浜駅から成田エクスプレスで約2時間かけて成田空港まで行ったが、今回は横浜駅からリムジ

記事を読む

スウェード写真展

スウェード写真展(2014年12月29日)

アドミラルティ・アーチをくぐり、シャーロックホームズパブに立ち寄ってみる。1階はバーで(2階

記事を読む

ザ・シャード

ザ・シャード展望台(2014年12月31日)

ガイドブックにロンドン新名所のひとつとして紹介されていた、ザ・シャード。地上72階の高層タワ

記事を読む

クイーン&アダム・ランバート

クイーン&アダム・ランバート(3)(2014年12月31日)

デヴィッド・ボウイのライヴで体験済みだった、『Under Pressure』。手拍子によるス

記事を読む

ワールズエンド

ワールズ・エンド(2014年12月29日)

バスに乗り(ロンドン名物ダブルデッカー)、チェルシー方面へ。1時間近く乗ったが、目的地を通り

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑