*

未来世紀ブラジル(1985年)

未来世紀ブラジル(1985年)

「20世紀のどこかの国」が舞台。情報剥奪局はテロリストのタトルを逮捕しようとするが、タイプミスで全く無関係の市民バトルを逮捕してしまう。情報剥奪局はこのミスを隠蔽しようとするが、情報局のサムはそのことに気づく。また目撃者であり情報剥奪局に不当逮捕を訴える女性ジルが、サムが夢でナイトとして助ける女性に似ていることから、ジルを助けようと奔走する。

前半は知的で落ち着いた佇まいのサムだが、中盤にジルと接触して以降は暴走の一途をたどり、やがて逮捕され監禁される。その場にタトルとその仲間が現れサムを助け、ジルと共に逃げ出すことに成功。田舎で2人で静かに暮らす・・・かと思いきや、それは拷問を受けているサムの幻想だった。現実のサムは正気を失ってしまうという、衝撃のラストとなる。

未来社会、情報社会で管理や手続きが何重にも必要とされる世の中は、なんとも皮肉たっぷりだ。また、未来をイメージしてはいるが、パソコンがタイプライターにモニターをつけた形状だったり、機械化しているのに手続きは書面で行わなければならず、ペーパーレス化の方向に向かっていないというのも面白い。

局長の目の前では仕事を熱心にしている風だが、局長が自室に入ってしまうと、みな一斉に古典映画を見だす。また、この局長も自分では何もできず、部下であるサム(ジョナサン・プライス)に頼りっぱなしという具合だ。こうしたねじれた社会の中、テロリスト扱いされているタトル()は自由で、人間らしく生きているように見える。サムも中盤から解放の方向に向かおうとするが、うまくはいかなかった。

過去にこの映画を何度か観ているのだが、そのときはよく理解できなかった。夢と現実との場面の移り変わりや、終盤の非現実的な展開を受け入れ、楽しむことができず、なんでここでそうなるの?という疑問を抱いてしまったからだ。しかし繰り返し観ているうちに、やっと作品の輪郭がわかってきた。スタンリー・キューブリックの「時計じかけのオレンジ」にも通ずるものがあり、劇中のキャラクターに感情移入するよりは、この世界観そのものを冷静に見つめるもうひとつの目があって、それを意識しながら観るといいのではないだろうか。

劇中には、『Aquarela Do Brasil/ブラジルの水彩画』という、恐らく誰もが1度は耳にしたであろう曲が、アレンジを変えながら何度となく流れてくる。コーネリアスやアーケイド・ファイアもカヴァーしていて、もしかしたらこの人たちも、曲もさることながらこの映画を観て気に入ってるんじゃないかな、なんてふと思った。

監督は、テリー・ギリアム。この人の監督作はいくつか観ているが、いちばん最初に観たのが「未来世紀ブラジル」だった。もちろん他の作品も見応えはあるが、この作品が最も秀でていると感じ、そして個人的にも最も好きなこの人の作品だ。

関連記事

12モンキーズ(1995年)

2035年。ウィルス散布によって人類のほとんどが死滅し、生き残った人々は地下に住むことを余儀

記事を読む

ロスト・イン・ラ・マンチャ(2002年)

最初に書いてしまうと、本作は「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」を映画化しようとして「最初に

記事を読む

ゼロの未来

ゼロの未来(ネタバレあり)

近未来。プログラマーのコーエンは、エンティティ解析の仕事をしながら、人生の意味を教えてくれる

記事を読む

ジュピター

ジュピター(ネタバレあり)

家政婦として働く女性ジュピターは、望遠鏡を買うお金を工面するために卵子を提供しようとする。そ

記事を読む

Dr.パルナサスの鏡(2009年)

パルナサス博士一座の出し物は、客の想像力を喚起して、鏡の向こうの世界で具現化させるというもの

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑