*

「 ブレードランナー 」 一覧

蜘蛛の巣を払う女(ネタバレあり)

スウェーデンのストックホルム。天才ハッカーのリスベット・サランデルに、AIの権威バルデル博士から依頼が来る。自らが作ってしまった格攻撃プログラムを、NSA(アメリカ国家安全保障局)から取り戻し

続きを見る

ウィリアム・ギブスン『ニューロマンサー』

近未来。ケイスは、かつては電脳空間に没入(ジャックイン)して情報を盗み出す凄腕のハッカーだったが、依頼主のブツに手をつけ転売しようとする。それがばれてしまい、制裁として脳神経を焼かれ、ドラッグ

続きを見る

フィリップ・K・ディック『アジャストメント』

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』が『ブレードランナー』として映画化されているのをはじめ、作品が多数映画化されているSF作家、フィリップ・K・ディック。マット・デイモン主演で『アジャストメ

続きを見る

『別冊映画秘宝ブレードランナー究極読本&近未来SF映画の世界』を読んだ

「ブレードランナー」の35年ぶりとなる続編「ブレードランナー2049」公開に際して発売された、映画秘宝の別冊ムックを読んだ。 最初に、共感できなかったところを先に書いてしまう。好みの問題

続きを見る

フィリップ・K・ディック『ゴールデン・マン』

SF作家フィリップ・K・ディックの短篇集で、6本の物語から成っている。注目は、表題作の「ゴールデン・マン」と「小さな黒い箱」の2篇だ。 「ゴールデン・マン」は、映画「ネクスト」の原作。ワ

続きを見る

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑