*

「 ブレードランナー 」 一覧

ウィリアム・ギブスン『ニューロマンサー』

近未来。ケイスは、かつては電脳空間に没入(ジャックイン)して情報を盗み出す凄腕のハッカーだったが、依頼主のブツに手をつけ転売しようとする。それがばれてしまい、制裁として脳神経を焼かれ、ドラッグ

続きを見る

フィリップ・K・ディック『アジャストメント』

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』が『ブレードランナー』として映画化されているのをはじめ、作品が多数映画化されているSF作家、フィリップ・K・ディック。マット・デイモン主演で『アジャストメ

続きを見る

『別冊映画秘宝ブレードランナー究極読本&近未来SF映画の世界』を読んだ

「ブレードランナー」の35年ぶりとなる続編「ブレードランナー2049」公開に際して発売された、映画秘宝の別冊ムックを読んだ。 最初に、共感できなかったところを先に書いてしまう。好みの問題

続きを見る

フィリップ・K・ディック『ゴールデン・マン』

SF作家フィリップ・K・ディックの短篇集で、6本の物語から成っている。注目は、表題作の「ゴールデン・マン」と「小さな黒い箱」の2篇だ。 「ゴールデン・マン」は、映画「ネクスト」の原作。ワ

続きを見る

フィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

戦争によって汚染されてしまった地球にて、人間は細々と生きながらえており、一方で火星への移住が進められていた。火星での作業用アンドロイドは外見は人間と区別がつかない精巧さだが、そのアンドロイドの

続きを見る

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑