*

「 フィリップ・K・ディック 」 一覧

フィリップ・K・ディック『ゴールデン・マン』

SF作家フィリップ・K・ディックの短篇集で、6本の物語から成っている。注目は、表題作の「ゴールデン・マン」と「小さな黒い箱」の2篇だ。 「ゴールデン・マン」は、映画「ネクスト」の原作。ワ

続きを見る

フィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

戦争によって汚染されてしまった地球にて、人間は細々と生きながらえており、一方で火星への移住が進められていた。火星での作業用アンドロイドは外見は人間と区別がつかない精巧さだが、そのアンドロイドの

続きを見る

メイキング・オブ・ブレードランナー ファイナル・カット

映画「ブレードランナー」の制作時から取材を敢行し、作品の裏側を克明に綴った書籍が1997年に出版。そして、2007年の公開25周年と「ファイナル・カット」公開を記念して情報を補完したのが、タイ

続きを見る

デンジャラス・デイズ メイキング・オブ・ブレードランナー(2007年)

公開時こそ興行的に目立った成果は得られなかったが、家庭用ビデオやケーブルテレビなどの普及にリンクしてその表現力が少しずつ浸透するようになり、こんにちでは傑作SFカルト映画として君臨している「ブ

続きを見る

坂本龍一|設置音楽展に行ってきた

新譜『async』リリースに伴う坂本龍一の展示が、4月から開催されていた。今までそれに気づかず、明日28日で終了だったので、今日行ってきた。 会場は、渋谷区神宮前にあるワタリウムという美

続きを見る

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑