*

「 フィリップ・K・ディック 」 一覧

kotoba ブレードランナー2019-2049

年4回刊行されている「kotoba」という雑誌があって、2018年春号はブレードランナー特集号だった。とても読みごたえがあった。 「ブレードランナー2049」(以下「2049」)が公開さ

続きを見る

ブレードランナー2 レプリカントの墓標

2020年8月ロサンゼルス。レイチェルを伴い北の山奥に逃れた、元ブレードランナーのリック・デッカード。レプリカントのレイチェルには死期が迫っていて、冷凍睡眠によりかろうじて生きている状態だった

続きを見る

ウィリアム・ギブスン『ニューロマンサー』

近未来。ケイスは、かつては電脳空間に没入(ジャックイン)して情報を盗み出す凄腕のハッカーだったが、依頼主のブツに手をつけ転売しようとする。それがばれてしまい、制裁として脳神経を焼かれ、ドラッグ

続きを見る

フィリップ・K・ディック『スキャナー・ダークリー』

近未来のアメリカを舞台にしたSF小説で、作者は「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」などのフィリップ・K・ディック。近未来といいつつ1990年代だが、執筆されたのは1970年代だった。

続きを見る

フィリップ・K・ディック『アジャストメント』

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』が『ブレードランナー』として映画化されているのをはじめ、作品が多数映画化されているSF作家、フィリップ・K・ディック。マット・デイモン主演で『アジャストメ

続きを見る

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑