*

インクレディブル・ハルク(2008)

公開日: : 最終更新日:2015/10/31 マーベル・シネマティック・ユニバース

インクレディブル・ハルク(2008)

アメリカ軍の兵士強化研究において、自らの体を実験台にしていた、科学者ブルース。心拍数が上昇すると肌が緑の巨人「ハルク」に変貌してしまい、軍からは追われる身となりブラジルに潜んでいた。

アメリカに戻ったブルースは、恋人で実験に関わっていたべティと再会。彼女は、実験の責任者であり、ブルースを追い詰めるロス将軍の娘だった。ブルースは変身をコントロールすべく協力者のサミュエルに接触する。

しかし、将軍の部下でかつてのブルースと同じ肉体強化を受けていたブロンスキーは、サミュエルを襲いブルースの血液を自らに注入。もうひとりのハルクとなってしまう。ブルースは、ブロンスキーを止めるため変身して迎え撃たんとする。

マーベルコミックスに原作を持つ作品の、何度目かの映像化だ。巨大化したハルクは、見た目不気味ではあるが、ぎりぎりで気持ち悪くなっていない。人間の心を完全に失っているわけでもないようで、ブルースは爆風からべティを守るなどしている。

ブルースをエドワード・ノートン、べティをリブ・タイラー、ブロンスキーをティム・ロス。エドワード・ノートンは脚本にも関わっているとのこと。しかし「アベンジャーズ」では、ブルース役はマーク・ラファロに交代している。

今回、テレビで放送された吹き替え版で観た。ブルース役の声優がなんと水嶋ヒロだったのだが、あまりにも下手でひどすぎたし、何より役に合っていない。ワタシは芸能人が声優をすることに反発し続けているのだが、それはこういうことがあるからだ。

関連記事

アベンジャーズ(2012)

国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の長官フューリーは、緊急事態に陥った研究施設を訪れる

記事を読む

マーベル展@名古屋に行ってきた

椎名林檎のライヴにかこつけた名古屋観光、5月12日は好天、13日は雨天と直前にわかっていたこ

記事を読む

ユリイカ 2014年5月号 特集=マーベル映画

2014年、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」公開にリンクして、青土社の月刊誌

記事を読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(ネタバレ注意)

まさかのバッドエンド。続編「アベンジャーズ4」の制作・公開が決まっているとはいえ、ここまでや

記事を読む

エージェント・カーター

「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」の、そしてマーベル・シネマティック・ユ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑