*

アベンジャーズ(2012)

アベンジャーズ(2012)

国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の長官フューリーは、緊急事態に陥った研究施設を訪れる。そこへワームホールが開き、マイティ・ソーの義弟ロキが現れる。ロキはコズミック・スピアでホークアイらの心を操って味方につけ、無限のエネルギーを備えた四次元キューブを強奪する。

フューリーは最強チーム「アベンジャーズ」結成を決意。アイアンマンのトニー・スターク、ハルクのブルース・バナー、70年の眠りから覚めたキャプテン・アメリカ、ソー、ブラック・ウィドウ、ホークアイらが揃う。それぞれに我が強く、当初は衝突ばかり。しかし終盤、四次元キューブの力により開通した巨大ワームホールから現れる宇宙生命体を目の当たりにし、団結して戦うようになる(ホークアイもマインドコントロールが解けて合流する)。

マーベルコミックスの人気キャラクターたちが勢揃いした、「ドリームチーム」を描いた作品になる。今作初見時にワタシが観たことがあるのは『アイアンマン』シリーズ3作と『インクレディブル・ハルク』だけだったが、『キャプテン・アメリカ』も『マイティ・ソー』も単体で公開され、続編も作られている。

これだけ揃うと、協力し合ってはいるものの、最も強いのは誰なのかという興味がわいてくる。どうやら、皆が認める最強はハルクのようだ。ブルースのときは知的で物静かな科学者だが、興奮状態が最高潮になり変異してハルクになると、もう手がつけられない。他のキャラとは対立してばかりいるトニーも、同じ科学者だからなのかブルースとは気が合っているようだ。戦闘のクライマックスで指示を出していたのは、「最年長」のキャプテンだった。

キャストは、ロバート・ダウニーJr.、、マーク・ラファロ、、サミュエル・L・ジャクソンと、当然ながら主役級ばかり。ただし、ブルース役はエドワード・ノートンからマーク・ラファロに交代している。

日本でいうと、歴代仮面ライダーや歴代ウルトラマンが勢揃いしたような感覚だろうか。

【2018年4月26日追記】
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の公開に先立ち、観返してみた。前回観たときは『アイアンマン』シリーズと『インクレディブル・ハルク』くらいしか観ていなかったが、現在はマーベル・シネマティック・ユニバースの全部の作品を観ているので、各ヒーローのキャラクターがより入って来た。なかなか団結できないアベンジャーズの心をひとつにしたのは、シールドのエージェント・コールソンがロキに殺されたのがきっかけだった。

エンドロールの途中の映像で、ロキと組んでワームホールから地球にやってきたチタウリのリーダーと、サノスが会話しているシーンが流れた。サノス、実はこの時点で登場していたのだ。

関連記事

ドクター・ストレンジ(ネタバレあり)

腕は超一級だが傲慢な性格の外科医、スティーヴン・ストレンジ。学会に向かう途中、自動車事故で両

記事を読む

キャプテン・マーベル

キャプテン・マーベル(ネタバレあり)

1995年。クリー帝国の首都惑星ハラにて、エリート部隊スターフォースに所属するヴァースは、6

記事を読む

エージェント・カーター

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の、そしてマーベル・シネマティック・ユ

記事を読む

インクレディブル・ハルク(2008)

アメリカ軍の兵士強化研究において、自らの体を実験台にしていた、科学者ブルース。心拍数が上昇す

記事を読む

ブラック・ウィドゥ(ネタバレあり)

ブラック・ウィドウ(ネタバレあり)

(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にて)ソコヴィア協定違反で追われる身になった、ナタ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑