*

「 フィリップ・K・ディック 」 一覧

フィリップ・K・ディック『アジャストメント』

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』が『ブレードランナー』として映画化されているのをはじめ、作品が多数映画化されているSF作家、フィリップ・K・ディック。マット・デイモン主演で『アジャストメ

続きを見る

フィリップ・K・ディック『空間亀裂』

亡くなって30年以上経つSF作家、フィリップ・K・ディックの長編作が、2013年に邦訳され刊行された。 西暦2080年。人口爆発に苦しむ世界において、有色人種は冷凍化され、避妊具は無償で

続きを見る

フィリップ・K・ディック『マイノリティ・リポート』

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」「ゴールデン・マン」などを著したSF作家フィリップ・K・ディックによる短編集で、表題作を含む7編が収録されている。 「マイノリティ・リポート」は同名

続きを見る

ペイチェック 消された記憶(2003年)

今から遠くない未来。コンピューターエンジニアのマイケルは、友人で会社社長のレスリックから、高額報酬と引き換えにプロジェクトに携わることと、その期間である3年分の記憶を消すことに合意。そして3年

続きを見る

マイノリティ・リポート(2002年)

2054年のワシントンD.C.。プリコグと呼ばれる3人の予知能力者たちを組み込んだ殺人予知システムによって犯罪を未然に防ぐことができるようになり、殺人発生率はゼロパーセントになっていた。犯罪予

続きを見る

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑