*

フィリップ・K・ディック『スキャナー・ダークリー』

近未来のアメリカを舞台にしたSF小説で、作者は「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」などのフィリップ・K・ディック。近未来といいつつ1990年代だが、執筆されたのは1970年代だった。

続きを見る

フィリップ・K・ディック『アジャストメント』

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』が『ブレードランナー』として映画化されているのをはじめ、作品が多数映画化されているSF作家、フィリップ・K・ディック。マット・デイモン主演で『アジャストメ

続きを見る

フィリップ・K・ディック『空間亀裂』

亡くなって30年以上経つSF作家、フィリップ・K・ディックの長編作が、2013年に邦訳され刊行された。 西暦2080年。人口爆発に苦しむ世界において、有色人種は冷凍化され、避妊具は無償で

続きを見る

フィリップ・K・ディック『マイノリティ・リポート』

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」「ゴールデン・マン」などを著したSF作家フィリップ・K・ディックによる短編集で、表題作を含む7編が収録されている。 「マイノリティ・リポート」は同名

続きを見る

2010年(1984年)

2018/09/26 | 2001年宇宙の旅

スタンリー・キューブリック監督作「2001年宇宙の旅」の続編「2010年」を観た。劇中の時間軸では前作から9年後になっているが、公開は前作の1968年から16年後の1984年で、監督もピーター

続きを見る

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑