*

キング・アーサー(ネタバレあり)

叔父ヴォーティガンによって王である父親、そして母親を殺された少年アーサー。自らはなんとか生き延びてスラム街で育つが、ヴォーティガンに通じるバイキングを痛めつけたことから捕らえられてしまい、更に

続きを見る

ボブ・ディラン 全年代インタビュー集

インタビュー嫌いとされるボブ・ディランだが、アメリカの音楽誌ローリング・ストーンに掲載されたインタビューをとりまとめた本があって、読んでみた。 1965年の記者会見にはじまり、当時20代

続きを見る

ボブ・ディラン マイ・バック・ページズ

河出書房から昨年暮れに出版された、ボブ・ディランの特集本を入手した。タイトルの「マイ・バック・ページズ」は、ディランの曲名からの引用だろう。 巻頭が菅野ヘッケルによる文章で、自身の体験を

続きを見る

現代思想 2010年5月臨時増刊号 総特集◎ボブ・ディラン

文藝誌ユリイカを出版している青土社は、「現代思想」という文芸誌も出版している。個人的にまず縁のなさそうな書籍だが、ボブ・ディランの2010年3月来日にリンクさせた特集号があって、入手していた。

続きを見る

ボブ・ディランがやって来た

ボブ・ディランが初来日を果たした1978年、NHKで特番が作られ放送されたことがあった。ワタシはもちろんリアルタイムではなく、アンコール放送されたのを観たことがあった。 番組は、ミュージ

続きを見る

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑