*

ノッティングヒル(2014年12月29日)

公開日: : 最終更新日:2019/04/19 ロンドン旅行2014年12月-2015年1月

時間が空いてしまい、この後どうするかを考えた。そして、翌30日の朝イチで行く予定にしていた、ノッティングヒルに向かうことにした。交通ルートを確認していると、ノッティングヒル方面行きのバスがちょうどやってきて、吸い込まれるように乗り込んだ。

バスには20分ほど乗っていただろうか。途中、前回立ち寄ったケンジントン・ハイストリートを通り過ぎ、1年前のことを一瞬思い出す。ノッティングヒルゲートで下車し、ポートベロー通りを歩いて行く。

ポートベロー通り

ロンドンにはマーケットがいくつかあって、ノッティングヒルのポートベローマーケットはアンティークをメインにしている。この日はマーケット開催日ではなかったが、それでも営業中の店舗は結構あって、ぶらぶらしてみた。白を基調とした住宅が立ち並ぶ光景は、独特だ。

ノッティングヒルの名前を世界中に広めたのが、映画「ノッティングヒルの恋人」。旅行書専門書店を営む、ヒュー・グラント演じるさえない男と、ジュリア・ロバーツ演じるハリウッド女優とのラヴストーリーだ。書店は、現在でも営業している(旅行書専門ではないそうだ)。

ノッティング・ヒル・ブックショップ

インディーズの有名レコードショップ、ラフトレード(ウエスト)に立ち寄ってみる。レーベル運営もしていて、新進アーティストを輩出。発表する年間アルバムランキングは、世界中に配信されるという、影響力のあるショップだ。が、店舗自体は日本のディスクユニオンとあまり変わらない佇まい。アナログ盤が充実していた。

ラフ・トレード・ウエスト

ひと通り歩いて回った後、ラドブロークグローブ駅からサークルラインでハマースミス駅に戻る。バッキンガム宮殿で衛兵交替式を待っているときやノッティングヒルゲートに着いたときなど、とても寒かった。このままでは、翌日行くところには太刀打ちできないのではと思い。H&Mで上に羽織れるものを調達。H&M、日本にもあるのに(笑)。

関連記事

The White Tower

ロンドン塔(2)(2014年12月31日)

ロンドン塔の中心となる塔は、2つある。 まずひとつめは、「Crown Jewels」。金やダイ

記事を読む

ビッグベン

2014-2015 ロンドン旅行まとめ

2014年12月28日羽田空港からロンドンへ2014年12月29日ウエストミンスタービッグベ

記事を読む

ぶっといフランクフルト

バラ・マーケット(2014年12月31日)

のんびりと10分ほど歩き、バラ・マーケットへ。29日のノッティングヒルはマーケット開催ではな

記事を読む

羽田空港

羽田空港からロンドンへ(2014年12月28日)

前回は横浜駅から成田エクスプレスで約2時間かけて成田空港まで行ったが、今回は横浜駅からリムジ

記事を読む

ロンドン塔

ロンドン塔(1)(2014年12月31日)

朝8時過ぎにホテルを出る。メンテナンスが終わり、運行再開したディストリクトラインに乗ってタワ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑