*

「ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡」を観た

1970年。デヴィッド・ボウイはギタリストを探していて、人づてにミック・ロンソンを知る。当時ミックは地元ハルで庭師をしていたが、ロンドンに出てボウイと音合わせし、その日の夜にテレビ番組に出演し

続きを見る

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『P.U.L.S.E./驚異』

ピンク・フロイドのライヴDVDを観た。1994年作『対』に伴うツアーを収録した2枚組であり、先にVHSビデオもリリースされているのだが、DVD化に当たり多数のボーナス映像が付加されている。

続きを見る

ピンク・フロイド(Pink Floyd)『対 コレクターズボックス』

ピンク・フロイドのアーカイブシリーズ、第4弾はまさかの『The Division Bell』。『対(TSUI)』という邦題がついている。「まさかの」というのは、フロイドが残した作品のラインナッ

続きを見る

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年)

前作から25年後のロンドン。ジェーンとマイケルのバンクス姉弟は大人になり、マイケルは家庭を持ち3人の子供に恵まれていた。しかし妻が他界し、大恐慌で景気は後退。融資の期限切れで自宅を手放すピンチ

続きを見る

メリー・ポピンズ(1964年)

ロンドンに住む、厳格な銀行家のジョージ・バンクス。妻は女性参政権運動に熱心で、子供のジェーンとマイケルの世話は乳母に任せていた。新しい乳母を募集する広告を2人の子供が考えるが、ジョージは破り捨

続きを見る

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑