*

ザ・クラッシュ(The Clash)『London Calling』展@ロンドン博物館(2020年1月1日)

テムズ川でのカウントダウン花火を観た後、地下鉄でホテルに戻る。寝たのは、深夜3時過ぎくらいだっただろうか。

遅めの朝食をとった後、ユーストン・スクエア駅からサークルラインに乗り、バービカン駅で下車してロンドン博物館へ。1979年にリリースされ、40周年を記念したクラッシュのアルバム『London Calling』展が開催されているからだ。

入り口前にクラッシュ展のポスターが横並びに連なっていて、コレを見ただけでテンションが上がった。ジャケット、メンバーのフォトのほか、『London Calling』の歌詞もあった。博物館は入場無料、特別展のクラッシュ展も無料だった。

ロンドン博物館 『London Calling』ジャケットや歌詞などが横並び

クラッシュ展のブースは、ロビー近くにあった。ジャケットが記念撮影用オブジェとして設置されていて、その手前に「あの」ベースがあった。ポール・シムノンがライブ中にステージに叩きつけ、それをカメラマンが撮影しジャケットにしたときの「あれ」だ。廃棄されずに現存してくれていることが、とても嬉しかった。

『London Calling』展入り口ロゴ 『London Calling』記念撮影用ブース

ポール・シムノンが叩きつけたベース ポール・シムノンのベースについて

展示物は、リリースされた1979年前後の記事、メンバーが着ていた衣装やギターなど、ジョー・ストラマーが使っていたという年期の入ったタイプライター、各国のアルバムやシングルなど。日本盤もあった。元ネタになった、エルヴィス・プレスリーのアルバムジャケットとの陳列もあった。ポール・シムノン所有の展示物が、多かった印象だ。

ジョー・ストラマーが使っていたタイプライター 元ネタのエルヴィス・プレスリーのアルバムジャケと見比べ

英国版だけで数種類ある『London Calling』 各国版の『London Calling』

衣装など 衣装やギターケースなど

関連グッズもいくつか販売されていて、缶バッチ、ステッカー入りの小冊子、ジャケットをプリントしたトートバッグを購入した。

関連グッズ

個人的には、ジョー・ストラマーは99年フジロックで、ミック・ジョーンズのビッグ・オーディオ・ダイナマイトは93年U2のゲストで、観たことがある。しかし、世代や物理的事情もあって、クラッシュを観ることは叶わなかった。それを取り戻すでもないが、本場ロンドンにてこの展示が観れたことに、なんとも言えない喜びを噛み締めている。

展示スペースは決して広くはなかったが、お宝が凝縮され陳列されていた印象だ。この規模なら、(解説を翻訳するという対応は必要だが)日本にも持って来れるのではないだろうか。

関連記事

鏡の間

ヴェルサイユ宮殿(2019年12月29日)

現地旅行会社前に集合し、8時半過ぎにツアーバスで出発。約1時間でベルサイユ宮殿に到着した。団体客扱い

記事を読む

バタクラン劇場

バタクラン劇場(2019年12月29日)

冬のパリの日没は、だいたい17時くらい。日本と同じくらいかな。日が傾きかけてきたところをタクシーを拾

記事を読む

エトワール凱旋門

エトワール凱旋門(2019年12月30日)

エッフェル塔からは、バスを使って凱旋門に行く予定だった。ストライキで間引きもしくは中止の路線が多い中

記事を読む

スピーディーズ・カフェ

スピーディーズ(Speedy’s Sandwich Bar & Cafe):ドラマ「SHERLOCK」ロケ地(2020年1月2日)

舞台を現代のロンドンに置き換えてシャーロック・ホームズの活躍を描く、「SHERLOCK」というイギリ

記事を読む

ルーヴル美術館入り口

ルーヴル美術館(2019年12月30日)

ルーヴル美術館は、朝イチの9時で予約していた。宿泊しているホテルからは近く、歩いて30分ほど前に到着

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑