*

HVOB@フジロック’18

レッドマーキー深夜の部最初のアクト。機材セッティングを、自分たちでやっていた様子。ドラム、プログラミング、プログラミング&女性ヴォーカルの3人組だ。 ライティングはシンプルで、ステージは

続きを見る

N.E.R.D@フジロック’18

ことばが重要なヒップホップ系アーティストを日本のフェスのヘッドライナーにすることには、懐疑的だった。しかし、そこはさすがプロ。思った以上に間延びする瞬間は少なく、ステージとして成り立っていたと

続きを見る

オデッサ(Odesza)@フジロック’18

出だしはとてつもなくカッコよかった。バックドロップのスクリーンに、宇宙ステーションから地球を臨む映像が流れ、すると、ステージに設置されたひな壇にトランペットとトロンボーン奏者が陣取り、それぞれ

続きを見る

チューン・ヤーズ(Tune Yards)@フジロック’18

結論から書くと、めっちゃカッコよかった。銀髪のおばさんメリル・ガーバスすごかった。 緻密で的確なドラム。ベーシスト(髪が長くて遠めには女性に見えたが実は男性)による野太いリズム。2人のプ

続きを見る

イヤーズ&イヤーズ(Years And Years)@フジロック’18

ドラム、キーボード、プログラミング、コーラス、そしてヴォーカルというユニット。ミディアムチューンのエレクトロポップで、歌こそうまいが、この連中にグリーンステージの夕方の枠をあげちゃうんだと思っ

続きを見る

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑