*

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス(ネタバレあり)

公開日: : 最終更新日:2022/05/12 作品 , ,

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス

ドクター・スティーヴン・ストレンジは、かつての恋人クリスティーンの結婚式に出席中、街中で暴れている一つ目の怪物から少女を救う。彼女は、スティーヴンが夢で見た少女アメリカ・チャベスだった。彼女はマルチバースを移動する能力を持ち、スティーヴンが見たのは夢ではなく、別の宇宙で実際に起こったことだという。

スティーヴンはチャベスをカーマ・タージで守らせつつ、マルチバースに詳しいワンダ・マキシモフを訪ねる。ワンダはチャベスのことを知っていて、別の宇宙にいる息子たちに会うべく彼女の引き渡しを要求。カーマ・タージを強大な魔力で攻撃し、チャベスは恐怖のあまりマルチバースを移動する能力を発動させ、自身とスティーヴンは別の宇宙に飛ばされてしまう。

劇中の時間軸は『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(NWH)』の後になるが、一方でディズニープラスで放送されていた『ワンダヴィジョン』の流れも汲んでいる。後者は未見だったので、観終わった後に調べて知識を補完した。ワンダが強大な力を持ったこと、息子との家庭などは、ここで描かれていたようだ。

ワンダはスティーヴンを逆恨みしていたが、それは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でスティーヴンがやむを得ずサノスにタイムストーンを渡していたがために、ヴィジョンが絶命してしまったからだった。というわけで、本作のヴィランはアベンジャーズとして共に戦ったワンダだ。

別の宇宙では、スティーヴンは死亡している。世界を統治しているのは、アベンジャーズではなくイルミナティ。そのメンバーは、もとの宇宙ではスティーヴンの兄弟子にして袂を別ったマスター・モルド、インフューマンズのブラックボルト、もとの宇宙ではキャロルの友人だったマリアのキャプテン・、X-メンのプロフェッサーX、ファンタスティック・フォーのミスター・ファンタスティック、そして、キャプテン・アメリカならぬキャプテン・カーターだ。

『NWH』でのマルチバース導入以降、本来交わることのなかった作品のキャラクターの共演が実現している。そもそも、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)自体、複数のヒーローが共演する夢の舞台だったが、これが益々加速している状態だ。

ただ、ヒーローの乱立だけでなく、主人公スティーヴンとクリスティーンとの人間模様も描かれているのが興味深い。もとの宇宙では、大事故に遭って魔術の能力を得る以前のスティーヴンは、腕こそ天才的だが傲慢な医師で、周囲との軋轢など気にしてはいなかった。別の宇宙では、成り行きもあってクリスティーンはチャベスとスティーヴンに協力。スティーヴンは、かつての自分のあり方を改めた姿勢で、彼女に接している。

キャストは、スティーヴンをベネディクト・カンバーバッチ、クリスティーンをレイチェル・マクアダムス、ワンダはエリザベス・オルセン、と、もちろん同じ俳優が続投。個人的に驚きかつ嬉しかったのは、キャプテン・カーターつまりペギー・カーターのヘイリー・アトウェルの登場だ。MCUでは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で天寿を全うし、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のラストでスティーヴ・ロジャースとダンスするシーンがあった。もう彼女の出番はないだろうと思っていたからだ。

監督はサム・ライミ。個人的にはトビー・マグワイアが主演した『スパイダーマン』シリーズのイメージだが、一方でホラー映画を手掛けてもいる。気色の悪い怪物や、別の宇宙で処刑されたスティーヴンがゾンビ化するなど、本作はMCU作品中最もホラー色が強い。

ラストおよびポストクレジットにて、また新たな展開を誘導している。また、上映開始前には『ソー:ラヴ&サンダー』の予告編もあった。『』が一段落ついたものの、MCUはまだまだ続く。

関連記事

ドクター・ストレンジ(ネタバレあり)

腕は超一級だが傲慢な性格の外科医、スティーヴン・ストレンジ。学会に向かう途中、自動車事故で両

記事を読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年)

母を亡くした少年ピーター・クイルは、その直後に宇宙海賊ヨンドゥによって地球から連れ去られる。

記事を読む

アベンジャーズ/エンドゲーム

アベンジャーズ/エンドゲーム雑感(ネタバレ注意)

個人的に、はじめてマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品に手をつけたのは『アイア

記事を読む

アイアンマン2(2010年)

前作のラストで自らがアイアンマンであることを公表した、トニー・スターク。政府からのアイアンマ

記事を読む

マーベル・シネマティック・ユニバースまとめ

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』を以って、マーベル・シネマティック・ユニバース(M

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑