*

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年)

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年)

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」での、ソコヴィアでの戦いから1年後、アベンジャーズはナイジェリアのラゴスでヒドラ残党のテロ計画を阻止したが、一般人を巻き添えにしてしまう。国連は彼らを管理下に置くソコヴィア協定締結に動き、ウィーンで協定の署名式が行われるが、爆破テロが発生し、ワカンダ国王ティ・チャカをはじめ死者が出てしまう。

監視カメラから、ウィンター・ソルジャーことバッキーが犯人として指名手配される。キャプテン・アメリカことスティーヴ・ロジャースはバッキーの無実を信じて行動を共にするが、ブラックパンサーことティ・チャラ、ウォーマシンことローディが追跡し、スティーヴらは逮捕、バッキーは拘束される。しかし、精神科医を装った男ジモによって洗脳されたバッキーは、ウィンター・ソルジャーとなり脱出。スティーヴはバッキーと合流し、トニーらは国連からのプレッシャーでスティーヴたちを捕獲しようとする。

キャプテン・アメリカ」のシリーズ3作目、というより、ソーとハルクがいないだけの、ほぼ「アベンジャーズ」と言っていいほどヒーローが集結している。単独作でファルコンことサムと絡み、スカウトされて登場したアントマン。今作の劇中にて、トニーにスカウトされたスパイダーマン。そしてワカンダの次期国王となるブラックパンサーことティ・チャラと、新たなヒーローが加わった。

スパイダーマンについては、ソニーピクチャーズにて計5作が公開されているので馴染みがあったが、ブラックパンサーについては突然登場した印象があり、劇場で観た当時はかなり面食らった。今年「ブラックパンサー」単独作が公開され、ティ・チャラの境遇やワカンダ国の内情などがわかり、エンドロールの後でバッキーが登場するのを観た後で改めて今作を観ると、彼らのつながりや行動、そして心情がわかってくる。

スティーヴとバッキーは、ジモがシベリアの基地に眠る他のウィンター・ソルジャーを蘇生させると推測して向かった。トニーは、バッキーが真犯人ではないとわかり、2人を助ける目的で基地に向かった。しかし、そこで悲しい過去とジモの真の目的が明らかになり、なんとも言えない切ない戦いへと発展してしまう。

キャストは、主要キャラクターはおなじみの人たち。「エイジ・オブ・ウルトロン」でアベンジャーズを引退したクリント・バートン/ホークアイも復帰し、つまりジェレミー・レナーも帰ってきた。ピーター・パーカー/スパイダーマンのトム・ホランドは初々しい。ティ・チャラ/ブラックパンサーのチャドウィック・ボーズマンも、ここでは心なしか表情が固いように見える。CIAのエージェントとして「ブラックパンサー」にも出演しているロスは、マーティン・フリーマンだ。

関連記事

ブラックパンサー(ネタバレあり)

ブラックパンサー(ネタバレあり)

アフリカのワカンダ国は宇宙から降ってきた希少金属「ヴィヴラニウム」を元に文明を発達させる一方

記事を読む

アイアンマン2(2010年)

前作のラストで自らがアイアンマンであることを公表した、トニー・スターク。政府からのアイアンマ

記事を読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(ネタバレあり)

ラゴスのヒドラ残党を押さえたアベンジャーズだが、その代償に街を破壊し一般人を巻き添えにしてし

記事を読む

アベンジャーズ(2012)

国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の長官フューリーは、緊急事態に陥った研究施設を訪れる

記事を読む

マイティ・ソー バトルロイヤル

マイティ・ソー バトルロイヤル(ネタバレ注意)

炎の巨人スルトを倒しアスガルドに帰還したソーは、死んだと思っていたロキがオーディンになりすま

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑