*

6年ぶりの大英博物館(2020年1月2日)

最初のロンドン旅行のときに、大英博物館に足を運んでいた。エジプトをはじめ、展示物をひと通り観た。そして今回、6年ぶりにに立ち寄ることに。ユーストン駅からノーザンラインに乗り、トットナム・コートロード駅で下車。

大英博物館

6年前と変わったのは、パリのルーヴル美術館などと同じように、入場時にチェックがあったことだ。ここ数年の間にロンドンでも何度かテロ事件があったので、警備を強化するようになったのだろう。荷物をX線に通し、金属探知機ゲートをくぐった。

大英博物館ロビー

今回はショッピングが目的だったが、それでもせっかく来ているので、2つだけは観ることにした。エジプトのロゼッタストーンと、チリのモアイ像だ。

館内ロビーは9時オープン、展示物は10時オープンになっていた。エジプトのブース前に待ち構え、10時になり扉が開いたところで、中に入る。すると、すぐ目の前にロゼッタストーンがあった。たちまち人だかりができるが、ルーヴルのモナリザやミロのヴィーナスほどでもない。写真を撮ると移動し、モアイ像の写真も撮った。

ロゼッタストーン モアイ像

ショッピングを終えて博物館を後にしたが、入場待ちの長蛇の列ができていた。決して大英博物館が不人気だったわけではなく、ワタシの入りが早かっただけなのだと知った。映画「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密」は大英博物館を舞台にしていて、撮影の一部は実際に博物館で行われたそうだ。

関連記事

エトワール凱旋門

エトワール凱旋門(2019年12月30日)

エッフェル塔からは、バスを使って凱旋門に行く予定だった。ストライキで間引きもしくは中止の路線が多い中

記事を読む

ザ・クラッシュ( The Clash)『London Calling』展

ザ・クラッシュ(The Clash)『London Calling』展@ロンドン博物館(2020年1月1日)

テムズ川でのカウントダウン花火を観た後、地下鉄でホテルに戻る。寝たのは、深夜3時過ぎくらいだっただろ

記事を読む

ラフ・トレード・イースト

ラフ・トレード・イースト(Rough Trade East)(2020年1月1日)

クラッシュ展のロンドン博物館を後にし、キング・エドワード・ストリートからバスに乗ってオルドゲ

記事を読む

ユーロスター

ユーロスターでパリからロンドンへ(2019年12月31日)

ホテルをチェックアウトし、タクシーでパリ北駅へ(この駅も映画「アメリ」のロケ地になっている)。早めに

記事を読む

鏡の間

ヴェルサイユ宮殿(2019年12月29日)

現地旅行会社前に集合し、8時半過ぎにツアーバスで出発。約1時間でベルサイユ宮殿に到着した。団体客扱い

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑