*

テリー・ギリアムのドン・キホーテ(ネタバレあり)

テリー・ギリアムのドン・キホーテ(ネタバレあり)

スペインの田舎で撮影中だったトビー。かつてはハリウッド進出を夢見ていたが、現実はCMディレクターにおさまっていた。ある夜酒場でジプシーの売り子に渡されたDVDは、自分が学生時代に製作したドン・キホーテの物語だった。その撮影地の村が近くにあることを思い出し、10年ぶりに訪れてみる。

しかし、もとは靴職人で主人公ドン・キホーテに起用した老人ハビエルは、その後も自分がドン・キホーテだと思い込んでいた。ヒロインに起用した酒場の娘アンジェリカは、女優を目指し村を出ていた。ハビエルはトビーをドン・キホーテの従者サンチョと呼び、冒険に連れ出す。トビーは何度もハビエルを諭すが伝わらず、と言って放っておくこともできず、ハビエルと行動を共にする。

この映画には、作品の内容以前にその製作にかかるエピソードがつきまとう。「映画史上最も呪われた企画」と。構想30年、企画頓挫9回とのこと。資金難や自然災害、相次ぐキャスティングの交代など。ハビエル役はジャン・ロシュフォールやジョン・ハートだったこともあり、トビー役はジョニー・デップやユアン・マクレガーだったこともあったそうだ。

監督はテリー・ギリアム。邦題は「テリー・ギリアムの~」となっているが、原題は「The Man Who Killed Jon Quixote」だ。構想30年というと「バロン」公開前後辺りからということになり、何度も頓挫する間にこの人はいくつもの作品を世に出している。個人的にも、「12モンキーズ」「Dr.パルナサスの鏡」「ゼロの未来」といった作品を観ている。

というわけで最終キャストは、ハビエルにジョナサン・プライス。この人にとっては、企画が延びたことが歳を重ねて老人を演じられることにつながり、結果的に功を奏したことになる。個人的には、やはりギリアム作品の「未来世紀ブラジル」のイメージが強烈だが、近年は「天才作家の妻―40年目の真実―」での老作家ぶりが記憶に新しい。

トビーは、アダム・ドライバー。「スター・ウォーズ」続3部作でカイロ・レンを演じて顔を売り、「ブラック・クランズマン」は昨年アカデミーにノミネート。本作は日本公開こそ2020年だが、欧州公開は2018年、北米公開は2019年。なので、この人にとっては「最後のジェダイ」と前後して臨んだ作品になる。

トビーへの出資者ボスは、「マイティ・ソー」での博士役だったステラン・スカルスガルドという人、その妻が「オブリビオン」のヒロイン、オルガ・キュリレンコだった。オルガについては黒髪のイメージがあって、今回は金髪の風貌で気づけなかった(汗)。中盤以降にハビエルやトビーと同等に活躍するアンジェリカは、ジョアナ・リベイロという人だ。

当初は、10年前の撮影時と現在とが交錯する展開だった。ところが、自身をドン・キホーテと思い込むハビエル登場以降は、物語と現実との境界線がいよいよあいまいになってくる。コレは、テリー・ギリアム作品では珍しいことではない。しかし、実はセルバンテスによる原作の「ドン・キホーテ」も、騎士道物語を読んで感化された主人公がドン・キホーテを名乗り、物語と現実との区別がつかなくなる展開とのこと。ギリアムは、原作のプロットを大事にしていたのだ。

関連記事

12モンキーズ(1995年)

2035年。ウィルス散布によって人類のほとんどが死滅し、生き残った人々は地下に住むことを余儀

記事を読む

ゼロの未来

ゼロの未来(ネタバレあり)

近未来。プログラマーのコーエンは、エンティティ解析の仕事をしながら、人生の意味を教えてくれる

記事を読む

ロスト・イン・ラ・マンチャ(2002年)

最初に書いてしまうと、本作は「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」を映画化しようとして「最初に

記事を読む

未来世紀ブラジル(1985年)

「20世紀のどこかの国」が舞台。情報剥奪局はテロリストのタトルを逮捕しようとするが、タイプミ

記事を読む

ジュピター

ジュピター(ネタバレあり)

家政婦として働く女性ジュピターは、望遠鏡を買うお金を工面するために卵子を提供しようとする。そ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑