*

スタンリー・キューブリック展@デザインミュージアム(2019年4月28日)

公開日: : 最終更新日:2019/05/05 ロンドン旅行2019年4月-5月

スタンリー・キューブリック展@デザインミュージアム

映画監督スタンリー・キューブリックの展示が、ワタシがロンドンに到着する1日前から開催されることをたまたま知り、行くことを決めていた。会場のデザインミュージアムは、常設展示は無料だが、特別展であるこの展示は有料だった。

ミュージアムに着くが、入場列が外にまで溢れていて焦った。そしてコレは、まさにキューブリック展のブースから伸びている列だった。更には、係員が本日分のチケットが完売していることを伝え、これで離脱する人もいた。ワタシは事前にチケットを取っていて、50分ほど並んだ末に入場することができた。

序盤は、キューブリックが使っていたカチンコやノート、撮影用カメラ、ポスター、絵コンテ、脚本(「2001年宇宙の旅」「フルメタル・ジャケット」など)などが展示。ぶっちゃけ、混雑していたのはこのブースだけだった。

ポスター群

カチンコ

そして、代表的な作品毎のブースになる。作品は「スパルタカス」「フルメタル・ジャケット」「ロリータ」と続き、そして「時計じかけのオレンジ」へ。アレックスの白ツナギの衣装、ぺニスのオブジェなどが展示されていた。

「スパルタカス」大人数のエキストラには番号が振られていた

「時計じかけのオレンジ」ぺニスのオブジェ

展示の後半は「博士の異常な愛情」「アイズ・ワイド・シャット」「シャイニング」「バリー・リンドン」となっていた。「博士」では会議室の模型が、「アイズ」では仮装パーティーの衣装や仮面が、「バリー・リンドン」では衣装が、「シャイニング」では女の子姉妹の衣装や巨大迷路の模型などがあった。

「アイズ・ワイド・シャット」秘密の仮装パーティーで使用された仮面

「シャイニング」女の子たちの衣装

「バリー・リンドン」の衣装

そして最後は、「2001年宇宙の旅」。序盤の猿の着ぐるみ、宇宙船ディスカバリー号の模型、乗組員が着用していたオレンジの宇宙服、科学者の部屋の再現、HAL9000の象徴と言っていいレンズなどが展示。観ていて胸が騒ぎ、心が踊った。

HAL9000

科学者の部屋

宇宙船ディスカバリー号

グッズ売り場も覗いたが、品種が今ひとつ。ノートや鉛筆などの文房具、マグカップ、靴下、ポストカードなどがあったが、決め手に欠ける。図録だけで数種類あったが、全て英語なのは致し方ないとして、どれもこれも分厚すぎて持って帰るにはかなりかさばる。というわけで、結局「シャイニング」柄のトートバッグを購入した。ミュージアム1階には、「時計じかけのオレンジ」で使われたスーパーカーが展示されていた。1971年に作られたとは思えない、未来的なデザインだった。

「時計じかけのオレンジ」アレックスが乗っていた未来的なスーパーカー

滞在中、ホテルのテレビで連日キューブリック監督作品が放送されているのを見かけた。この展示にリンクさせてだったのだろうか。また、30日にネットしたとき、キューブリック展のチケットがこの時点で5月4日分まで完売していることを知った。キューブリック恐るべし。そして、観られたのはとてもラッキーだった。

関連記事

3度目のロンドン

3度目のロンドン

10連休となった今年のゴールデンウィーク、ロンドンに4泊6日で旅行することにした。個人的に、

記事を読む

マーク・ボラン最後の地(2019年4月28日)

T.レックスのマーク・ボランは、自分が30歳になる前に死ぬという予言めいたことを言っていた。

記事を読む

アールズコート・エキシビションセンター跡地

アールズコート・エキシビションセンター跡地(2019年4月28日)

「アールズコート」の名称は、レッド・ツェッペリンやピンク・フロイド、モリッシーなどのライヴ作

記事を読む

ヴィクトリア&アルバート博物館

ヴィクトリア&アルバート博物館(2019年4月30日)

今回の旅行で立ち寄るかどうか迷った博物館だが、結局行くことにした。決め手になったのは、前日の

記事を読む

ディストリクトライン

ロンドンから帰宅(2019年5月1日~2日)

朝8時にホテルをチェックアウト。ディストリクトラインに乗車しようとするが、ウイークデーの朝につき通勤

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑